ココナッツには「人を怠け者にする成分」が含まれているんだよね

どーも。
毎日、生のココナッツを丸々1個食べて生活している、ココナッツマニアのゆーです。

今回の記事ではボクがココナッツを6年間食べ続けたことによって感じた、この果物の効能について紹介してみます。

最初に断っておきますが、今回の記事はある意味冗談みたいなところもあります。
が、半分本当です。

ということで、ココナッツを飲むと人は怠け者になるという話です。

「全部お前の主観じゃねーか」というツッコミは勘弁してください。
耳がいたいです

ボクのココナッツヒストリー

ボクはココナッツが大好きです。

ボクは今ベトナムで生活をしてるんですけれども。
ベトナムっていうのは熱帯にある国なので、ココナッツは日常的にどこでも手に入れることができるんですね。
しかもメチャクチャ安いっていう。

まぁ味なんかも結構好きだったりするし、体にも良いって言うことで、よくココナッツ飲んだり食べたりしてるんですけど。

いや、というか1〜2日に1個は生のココナッツを食べなければボクは生きていけません。

きっと身体が欲してるんでしょうね。

ベトナムにはフルーツスムージーの屋台が町中にあってですね。
そこでココナッツの果肉をスムージーにしたものと、それからココナッツジュースをセットで出してくれるんだけど。

2つとも飲むとものすごいお腹いっぱいになるんですけど、これでたったの100円だったりします。
ボクはココナッツ中毒って言ってもいいくらいのファンっぷりで、ランチがわりに飲んでるんですね。

発展途上国の熱帯エリアって果物が安いからフルーティな生活を安く送るには最高の場所なんですよね。

でもですね、そんなココナッツを飲みまくったボクだからこそ見えてきた「この果物の問題点」、ってのもあったりするんです。
というのも、じつは「ココナッツの中には人を怠け者にする物質が含まれてるんじゃないか」って言う疑いが出てきちゃったんですよね。

ココナッツミルクとココナッツジュース


*写真左がココナッツミルク(ココナッツスムージー)
*写真右がココナッツジュース

ココナッツミルクはトロッとしていてすごくミルキー。みんな大好きな味。
ココナッツジュースはちょっと薄味。日本人は好きでもないけど嫌いでもないって人が多い。

ココナッツ耐性=怠け者

ボクはもともとココナッツジュースって言うものがあまり好きじゃなかったんですね。

でも、そのこと自体はわりと普通のことで。
いろんな日本人の友達にもココナッツジュースを飲ませてみたんですけど、基本的にどうも日本人の口にはあんまり合わないみたいで。
おいしいね、って言う人はあんまりいなかったからですね。

でもここで1つ面白いことがあって。
現地のベトナム人の人たちに、

「ココナッツジュースってたくさんあるけどさ、あなたは美味しいから飲んでいるの?それとも安いから飲んでるだけなの?」

という質問をしてみたことがあるんですけど。

ベトナム人の人たちって、みんな口を揃えて「美味しいと思うから飲んでるんだ」って言うわけですよ。

ボクから見たらどう考えたって全然美味しくないココナッツジュースを、本当に美味しいとベトナム人は思っているわけです。

その国の食べ物を食べているとその国の人間みたいになってくるっていう、そういう考え方をもってる人って結構いると思うんですけど。

例えばアメリカに行ってハンバーガーとかフライドポテトばっかり食べてたら、日本人でもなんか感覚がアメリカ人みたいになっちゃうみたいな。
そういうのはボクもあると思ってるんですよね。

ココナッツっていうのは熱帯の食べ物で、日本っていうのは割と寒い国ですよね。
まぁ、日本は雪なんか降っちゃうくらいですから。
基本的味覚として熱帯地方の特産であるココナッツっていうのは日本人の体に合わないんじゃないかな、って考えるのは自然ですよね。
なのでベトナムに来たばかりのボクはそう考えていたわけです。

ココナッツはベトナム人にとっては美味しいものだけど、日本人にとっては美味しくない。
と、そういうことですね。

で、まぁそこから月日が流れて、、、、ボクはもうベトナムに6年ぐらい住んでるんですけど。
いつからかわかんないですけど、「ココナッツっておいしいな」っていう風に感じるようになってしまったんですよね。

今や最初のほうに書いた通り、ココナッツ中毒者みたいな状況になってしまって。
手放せないパートナーです。

つまり熱帯の食べ物であるココナッツに体が順応してしまったわけですけど。
考えてみるとですね、熱帯の人っていうのはあんまり働かないんですよね。
それも日本ではちょっと考えられないくらい。
いや、女の人は一生懸命働いてるんですけど、男の人はハンモックに揺られてコーヒー飲みながら、友達とトランプで博打してるみたいな。
そういう人たちが熱帯の国ってのは多いわけですね。

で、ボク自身ですね、実感としてココナッツをおいしいって感じるようになった時期っていうのは、そんな熱帯気質の国であるベトナムに順応ができてきた頃なんですよね。

つまりココナッツを通して、怠け者的な性格がボクの体に染み付いてしまったって言うことですよ。
、、、、これはヤバいんじゃないだろうか?

ベトナム産ココナッツジュースの缶


ココナッツミルクは日本でもよく見るんだけど、ジュースはあまりみないですよね。
ベトナムでは最近、缶のココナッツジュースが売られています。
現地での価格は80円くらい。

日本人やドイツ人はココナッツ苦手な人が多い

こういうこと書いてると「お前は何を言ってるんだ」って言われそうな気もするんですけど。
これは当然、半分冗談ですけど。ボクの実体験的には半分は本当で。

っていうのも、働き者の国ってどこだろうって考えると、例えばドイツ人とかいるわけじゃないですかね。
もちろん、日本人も一生懸命働く人たちだなぁと思ってるんですけど。

日本からベトナムに来た観光客の人っていうのは、最初にボクがベトナムに来た時とおんなじで、あまりココナッツジュースをおいしいって言う人がいなかったりするんですね。
で、ドイツ人の友人にも飲ませてみたんですけど、やっぱりおいしくないと、そう言うわけですよ。

でも白人系の人の中でもベトナムに住み着いちゃってる人、在住歴が長い人っていうのに話を聞くと、これまたボクとおんなじパターンで。
ココナッツがいつの間にやら美味しく感じられるようになったって言ってるんですよね。
で、大体こういう人は時間守らなかったりとかするルーズな人間だったりするんですけど、、、、

まぁボクの中ではココナッツって言うのは、もはや怠け者発見器みたいな感じです。
「ココナッツが好きなヤツはちゃんと仕事をしない」みたいな。

ちなみにベトナム人でもね、ココナッツの味が好きじゃないって言う人は結構いて。
大体こういう人は仕事をちゃんとやったりするんですよね。

すごい偏見である可能性も否定はできないけど。
あの、、、ココナッツ好きな人ごめんなさいね。
今回の記事はかなり偏見が入ってるかも。

日本人はちょっと怠け者になるくらいがちょうどいいのかもね

でもですね、怠け者になったらダメなのかっていうとそうでもないと思っていて。
日本人ってものすごく仕事にストレスがかかって、大変な思いをしてる人って多いと思うんですけど。
実はボクなんかも日本ではそうだったんですね。

責任感が強すぎてストレスを溜め込んでしまうみたいな、そういう「精神のコントロールが下手くそだったところがあるなー」って反省してたりするんですけど。
ベトナムに来てココナッツを食べまくったことによって、精神に程よいゆるさみたいなのが生まれた気もしていて。

「がんばることに偏りすぎる」ってやっぱり精神的に良くないと思うから。
日本人みたいながんばり過ぎる人たち、緊張状態が続いてるって言う人には、案外ココナッツっていうのは良いんじゃないかと。

怠け者化っていうと聞こえは悪いけど、良い言い方をすると精神を楽にさせる作用があるんじゃないかな、って。
そういうふうに思っているのが最近のココナッツに対するボクの考え方だったりします。

日本ではなかなか生のココナッツって手に入らないと思うけど、ココナッツパウダーなんかは売ってるからさ。
生真面目すぎる人は飲んでみるといいのかもしれないですね。
パウダーを買って水や牛乳に溶かすだけ。
美味しいんですよ。

🔥✏️ベトナム語教えます

このブログを書いているボクがオンラインでベトナム語を教えます。
コロナ禍の今こそ、ベトナム語を勉強してスキルアップを目指してみませんか?

会話重視の実践的な授業をマンツーマンでご提供。
ベトナム語の最難関ポイントである発音から丁寧にご指導いたします。
目標はネイティブのベトナム人とスムーズに話ができるようになるレベルまで。
初級〜中級レベルまでを対象にした会話授業です。

週一回。最低月額6000円からの超低価格。
最初の授業は無料でお教えしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。↓

中村 祐(なかむら ゆう)
dball3200@gmail.com

このブログの人気記事

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください