ベトナムで働く日本語教師の給料を上げる方法

今回の記事は「ベトナムでベトナム人技能実習生向けの日本語教師として働いている人」に向けてのものにしようかな、と思います。

ズバリ!ベトナムで働く日本人の給料を上げる方法について書いてみます。

 

 

ベトナムで高い給料をもらうのはちょっと大変

ボクはベトナムでベトナム人の技能実習生に向けて日本語を教えるって言う仕事をもう2年ぐらいやってるんですけれども。
やり方が良いのかなんなのか、それなりの給料をもらえてるんですよね。

ベトナム、、、というか途上国では一般的にそうだと思うんですけど。
日本語教師に限らずね、途上国で働く日本人の給料っていうのはなかなか日本のレベルまでは上がってこないことが多くて、生活に困っている人が多いと思います。

発展途上国の会社っていうのはお金を持っていないことが多くて、現地の社長さんにとっては日本人にちゃんとした給料を払うって言うのは少し難しい。
そんなことも事情としてあるわけですね。

 

まぁちゃんとした給料は払わないくせに「日本人を雇ってこき使ってやろう」みたいな日本では考えられないレベルの社長なんかも結構いたりするので。
その辺はちゃんとした会社なのかどうかってのを見極める目っていうのも必要なものだと思うんですけど。

ボクの友達にもそういう会社で働いてしまってね、あまり給料もらえなくて困ってたなんて言う人も結構いたりするわけですね。
ちょっとかわいそうですけどね、、、、

 

 

 

 

ベトナムの会社は日本の会社と全然違う

ではですね、早速ベトナムで日本人が働くときに、どうやって給料を上げていけばいいのかということをについて書いていこうかなと思います。

 

とりあえず前提の話としては、今回の記事のポイントは日本ではあまり必要とされないタイプの能力の話になると思うんですね。
なのでその辺をちょっと念頭に置いた上で読んで欲しいんですけど。
ベトナムでですね、給料をあげていきたいと考える人に必要な行動は営業力の強化と言うことになります。

 

いろんな会社がベトナムにはあります。
日本語教師を募集している会社っていうのも、会社ごとにものすごい違いってのががあるわけですね。
いろんな会社があるわけだから、もちろん良い社長もいるし悪い社長もいる。
金払いが良い会社もあれば、悪い会社もあるわけですね。

そんなの当たり前の話じゃないか、っていうふうに思うかもしれないんですけど。
日本のちゃんとしてない会社ってのとベトナムのちゃんとしてない会社ってのは正直レベルが全然違うんですね。

ベトナムでちゃんとしてない会社っていうのは「さすが途上国」なんていう言い方をしたらちょっと嫌味になっちゃうかも知れないんですけど。

社長がどこまでも自分本位で、ベトナム人並みの給料(時給200円とか)で日本人を雇おうとしてきたりとか、もっと言えば給料を払わないとか、そんなことも普通にありますからね。

なので日本人が日本で働くようなイメージで会社に忠誠を誓うっていうか、「会社のために一生懸命働けば報われる」みたいな考え方で動いていると痛い目を見ることになってしまうわけですね。
なのでですね、ベトナムで仕事を探す場合は仕事っていうものについてドライになることが非常に大切だと思います。

 

ベトナムの会社の従業員の流動性はハンパなものじゃないです。
クビになる人なんて2-3ヶ月に一回単位で出ている会社も普通にあるし、1年たったら社員が総入れ替え状態になってる、なんてこともよくある話ですから。

ようは安定性なんてものが全然ないわけですよ。
仕事がなくなるリスクが日本に比べて異常に高いということなわけですから、当然対策を練ってかからないと生き抜いていくことはできません。

ボクの実体験


実際にボクが働いていた会社では半年で6人がクビになりました。
クビになる時っていうのは社長の態度もすごくドライ。
その会社では結局ボクもクビになってしまったのですが、人生で初めてクビになることができて正直ちょっとうれしかったです(*゚ー゚)
(ボクは何も悪いことはしてないですよ!念のため)

 

 

 

 

営業力が給料上昇のカギ

具体的にですね、ドライになるってのはどういうことかって言うと、いろんな会社とコネクションを作るって言うことですね。
一つの会社に入れ込みすぎない、と。

会社は金を稼ぐ場所、と割り切っていろんな会社に顔を出しまくって、自分を売り込んでいく
で、それで自分を高く買ってくれそうな会社にドンドン転職をしていく、っていうことになるわけです。

 

ボクなんかはその辺は超絶ドライな感覚で動いているので、コネクションをつないでいる日本語学校は10社以上あります。
常に給料交渉を前提にして働いているので「現在の自分の給料をが適正値なのか?」っていうことにはすごくシビアにチェックをしています。
自分の現在の給料なんかをいろんな社長さんに報告して回っていて「もうちょっと高い給料を払うからうちで働いてください」なんて話があったらそちらにいくわけです。

つまり自分の給料に競争原理を発生させるっていうことです。

 

まぁ、ボクも本当は信用できる会社が見つかったら、長く勤めてお互いに貢献しあって成長していくっていう仕事をするのがベストだとは思ってるんですけど。
ベトナムではそれは難しいかなぁ、とも感じてるんですよね。

それは社長とベトナム人従業員の関係性を見て、ボクがいつも感じている感覚っていうのに理由があるわけですけど。
ベトナムの会社では従業員があまり会社を信用していないし、そもそも社長の方も長く勤めてもらって末長くいい関係を築いていこう、みたいな気概があんまりないからですね。

ベトナムでベトナム人から給料をもらう時っていうのはベトナムの仕事のスタイルに自分を最適化する、ってのがいいと思います。
ベトナム人の会社員はいつも転職の機会をうかがっていて、少しでもいい条件の会社があればそちらに飛びつきます。

ベトナムの独立精神


ベトナム人はとても独立精神が強い民族だと思います。
会社で働いていても、いずれは独立したい、という夢を持っている人がものすごく多いです。
なので勤続年数などはあまり気にしない文化。
従業員がなかなか定着しなくて困っている日系の会社も多いみたいです。
↓ ↓ ↓
http://sharescafe.net/42439247-20141217.html

その前提で会社がまわっているので、日本人の会社貢献精神みたいなものが「わかってくれるだろう」と思って接していても、まず社長のほうに伝わる事はないと思うんですね。

もちろん全部が全部とは言いませんけど、そういう傾向があるということです。
なので今回の記事で言いたいことは、ベトナムで仕事をするときにはコネクションを広げるべきっていうこと、つまり自分を営業にかけていくっていうことを積極的にやらなければダメですよ、っていう、そういう話です。

 

できるだけいろんな会社に顔を出して、現在その会社がどんなことができる人を求めているのかをチェックしていく、っていう行動が必要なわけです。
逆にそれさえできれば給料はドンドン上がっていくし、首を切られた時のリスク回避に使うこともできます。

ベトナム人だってそういう働き方をしているわけですから、郷に入っては郷に従えってのはこういうことなんだろうなぁ、と思うわけです。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住7年。元ベトナム語通訳です。日本で働くベトナム人に質の高い教育を施してあげたい。日本に良い人材を送りこみたいという気持ちで教育事業を行なっている日本語教育のプロです。ベトナム人材についてのご相談はボクのメールに直接どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください