ベトナムのホーチミンで旅行者がレンタルバイクを使う方法

旅行でホーチミンに来てね、「ちょっとバイクを運転してみたいな」って人もいるんじゃないかなと思うんですけど。
免許証は必要なのかとか、警察につかまったらどうしたらいいのかとか、渋滞すごいんじゃないのとか、わからないこともたくさんあると思うんですね。

ということでベトナムバイク運転事情のぶっちゃけ話をしようと思います。

ベトナムでのバイクレンタルって実際にはすごく簡単で。
旅行者さんでもバイクをレンタルしてベトナムの街を自由に楽むってことは全然できちゃいます。
その辺のリアルなところをわかりやすく説明しようかなぁと思います。

 

 

レンタルバイク借りれる場所と値段はこんな感じ

まずバイクを借りる場所なんですけど。
ホーチミンだったらファングーラオエリア、安宿が固まっているバックパッカーが多い所ですね。
そこで借りるのが1番オーソドックスなやり方だと思います。

外国人がたくさんいるエリアなのでもちろん英語も通じるし、バイクレンタルって言う看板を吊り下げてるゲストハウスもたくさんありますからね。

 

このエリアに行けばゲストハウスの軒先にいろんなバイクが置いてあって、それを自由に借りることができます。

まぁこのエリアに行ったら、白人さんなんかが普通にレンタルバイク運転して楽しそうにやってますので。
そんなもんなんだってことですよね。
ベトナムのレンタルバイクっていうのは。
敷居はすごく低いと思います。

値段は大体1日で300円から500円くらい。
ギアがついててガチャガチャとギアチェンジしないといけないタイプのバイクが安いので、ボク的にはオススメです。
このタイプは車体が小さいので小回りもききやすいし。

ただ借りる前にですね、ブレーキだけはちゃんと確認しといたほうがいいと思います。

ファングーラオエリアにあるバイクレンタル屋


写真はホーチミンのファングーラオエリア。
この写真のようなレンタルバイク屋が無数にあります。

 

 

ベトナムの運転に免許証はいらないと思うよ

日本人はどうしても免許証っていうのが気になると思います。
「免許ないと運転できないだろう」っていう話ですよね。

まぁでも実際には免許証ってボクはなくてもいいんじゃないかなぁと思ってるんですね。

だってベトナムって国際免許も使えないわけですよ。
そんなわけで「ベトナムの運転免許証の取り方」みたいなのを紹介してるブログがあったりもするみたいですけど。
じゃあわざわざ旅行者がベトナム現地の運転試験場まで免許取りに行かないとバイク運転できないのかよって話ですよね。

実際にはですね、ベトナムでバイクを運転するときには、保険加入証と運転免許証、それから車検証みたいな3点セットが必要だって言うのが厳密なベトナムの交通ルールだったりするわけですけど。
まぁ旅行者はそこまで気にしなくていいと思いますね
道で警察に捕まっちゃっても賄賂をちょっと払えば終わる話なんで。

こういうこと書くとどうかと思いますが、ボクも大体ベトナムの道で警察に捕まった時は賄賂払って済ませてます。
コツとしてはサッサと渡してしまうってことですね。
罰金の額は今大体1,000円〜2,500円くらい。

基本的には変な運転をしない限り警察に捕まるっていうこともないと思うので、日本式のマナーでちゃんと運転すれば大丈夫でしょう。

 

ベトナムの交通警察っていうのは日本のようにちゃんとしたルールで動いている人たちではありません。
賄賂が欲しくてやってますから、さっさとお金もらいたいだけだし。

もし仮に財布の中にあまりお金がなかったら、「しょうがねぇな、今回は許してやろう」みたいな、ちょっと人情派なところもあったりします。

ベトナムの警察は2種類


ベトナムには2種類の警察がいます。
普通の警官(緑色)と交通警察(肌色)の2つです。

緑色のシャツを着た警官の前では逆走しようが、スピード違反しようが、ほぼ捕まることはありませんが、肌色の警察を見たら要注意。
なるべく目を合わせないようにしましょう。

 

 

ベトナム交通事情の注意点

最後にちょっと交通マナーの話です。
日本とベトナムの道路は左右の車線が逆なので、そこだけに注意すればいいんじゃないかなと思います。

日本は右折の時に注意ですよね。
なのでベトナムはその逆です。
左折の時に注意しましょうと、それだけです。

まぁ後は交差点に入る時は割とアドリブが強めというか、突っ込んでしまってから考えるっていう、そんな習慣もあったりしますが。
周りの人に合わせていけばだんだんとそういう運転スタイルが身についていくはずなので、案外1日もあれば慣れてしまうもんだと思いますけどね。

 

ベトナムではバイクを運転できると、ものすごく快適に生活できるようになります。
街のインフラ自体がバイクを基準に作っているのでそうなるのはしょうがないことなんですね。

バイクがあれば番地を調べてどこでも行けます。
市内のレストランでも、郊外にある観光地でも、クチトンネルだって行けちゃいます。

ぜひですね、ベトナムでバイクを運転してもらって、より地元の人に近い感覚で旅行を楽しんでもらえたら、旅が充実するんじゃないかなー、と思います。

 

あ、それから本当の最後に。
このブログを読んだ人がバイク運転して事故っても、ボクは一切責任取らないですよ。

 

 

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住7年。元ベトナム語通訳です。日本で働くベトナム人に質の高い教育を施してあげたい。日本に良い人材を送りこみたいという気持ちで教育事業を行なっている日本語教育のプロです。ベトナム人材についてのご相談はボクのメールに直接どうぞ。

6 thoughts on “ベトナムのホーチミンで旅行者がレンタルバイクを使う方法

  1. Yama

    私もベトナムでカブの様なバイク借りました。免許はタイの免許証ですね。日本の免許証お持ちならば、出国時に国際免許作って、タイで現地免許にするのが簡単です。タイ免許でASEAN域内も使えるので良いですよ。タイでは、無免許の罰金が2000Bに大幅引き上げになって取締も多くなってます。過日も私も検問で止められてた際、傍では韓国人カップルが摘発されて、違反切符作成されてました。恐らく捕まった場合免許証は没収されて、切符持参で署に行き罰金払って返してもらう流れです。タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシアでも運転しましたがバイクがあると一層楽しく過ごせます。

    返信
    1. yusan 投稿作成者

      はじめまして。
      東南アジア事情に明るい方からのコメント、ありがとうございます。
      ボクもよくタイには行くので参考にさせていただきます。

      ベトナムではまだまだルールにファジーな要素が強く、無免許でも罰金(2000円ほど)で許されるケースもあれば国際免許所持でもバイクを持っていかれてしまうこともあります。

      ボクもバンコクでバイク乗り回したいなぁ、ってバンコク在住の友人を見るたびに憧れています

      返信
  2. K

    はじめまして!
    来週初めてホーチミンへ行きます。
    ネットで知り合った人と会う予定なんですが、市街のe-martで会うことになったので、僕のホテルから10kmくらい離れています。
    タクシーにお金を使うのは億劫なので、勇気を出してバイクに挑戦しようかなと思っています。
    いきなり右側を走ることに戸惑いそうですが、すぐになれるものですか?

    返信
    1. yusan 投稿作成者

      はじめまして〜。
      バイクに挑戦!素晴らしいですね。
      右側車線、どうでしょう、、、
      ボクはすぐに慣れると思いますけどねー。

      ホーチミン運転のコツは「交差点突っ込んでから相手の出方をみて考える」「周りの人の動きをよく見て合わせる」です。頑張ってくださいね

      返信
    1. yusan 投稿作成者

      コピーじゃちょっと難しいかも。
      デポジットでいくらか預けておけば、それで借りられると思いますよー

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください