ベトナム現地採用で働く日本語教師の給料はこれくらい

前回の記事ではですね、特に何の特技もない人がベトナムに来て、とりあえず働くんだったら、日本語教師の仕事はたくさんありますよ、っていう話を書いたんですけど。

実際に給料がどれぐらいもらえるのか、っていうところについては特に言ってなかったんで、今回の記事ではその辺のことを書いていこうかなと思ってます。

ベトナムで日本語教師をしている人の生活レベルっていうやつですね。

 

 

 

 

ベトナムの日本語教師の時給

えーっと、皆さんは、ベトナムですよね。
発展途上国なわけですけど、そういうところで日本語の先生やるっていうと、どれぐらいの給料がもらえるもんだ、っていうふうにイメージしてますかね。

日本だったら最近は時給とかすごい上がってきてて、地方都市でも850円位はもらえるんじゃないかなぁ、と思うんですけど。
東京だと1,000円以上ぐらいですかね。

 

結論から言うとですね、ベトナムでね、日本語の先生、技術職では無いわけですよ。
その仕事をやった場合にいくらぐらいお金がもらえるのかっていうと、時給計算で大体安い人で500円、高い人で1,500円くらいですね。

給料の補足説明


当然のことですが、経験や能力、それから契約条件などによって給料は大きく違います。
でもまぁ未経験者が日本語教師をするなら、だいたい時給500円くらいで見ておいて間違いないと思います。

それぐらいはもらえますよって言う、まぁそんな感じです。

時給500円って言うと、正直あんまり日本基準で言うと高くはないんですけど。
ベトナムっていう国は物価安いですからね。
ご飯1食食べても100円位だし。

あとはフルーツジュースが安いのがいいんですよ。
とにかく果物がすごい安くて、女性には超オススメの国です。
アボカドでもマンゴーでもライチでも、目の前で絞ってくれるオレンジジュースとかでも!
たった100円。いや100円じゃなくて75円位で飲めるんですよね。

いやー、実はボクも毎日飲んでますよ。
健康管理のために。

 

ちなみにボクはニンジンとリンゴのミックスジュースを飲んでるんですけど。
そのジュースは75円です。
すごいおいしいんですよね。ハハハ、、、、。

すいません、脱線しちゃいました。

果物は本当に安くてフレッシュ


こういう店が町中いたるところにあるのがホーチミンのいいところ。何を飲んでもだいたい100円前後の安さ

 

 

 

 

給料8万円で途上国で生活すると、、、

給料の話にちょっと話を戻していこうかな、と思うんですけど。
ベトナムの物価は安いので、ご飯とか果物にはお金がかからないよ、って言う話をちょっと上に書きましたけど。
実際にはですね時給500円で生活っていうのは、日本人にとってはきついんじゃないかなぁ、とボクは感じてるんですよね、

 

ネットでね、検索してみたらわかると思うんですけど。
外国で働いてる日本語教師っていうのは結構お金がなくて困ってる人とかが多いイメージなんですよね。

まぁ、そりゃそうですよね。
だって時給500円からスタートですよ。
毎日8時間働いても、、、、1日で4,000円位です。
1週間で20,000円ね。
1ヵ月は大体4週間ですから、まぁ月給は80,000円位になっちゃうわけですね。

 

月給80,000円って、いかに途上国といってもちょっと生活は厳しいと思いますね。
まぁボク達は結局日本人なんで、ベトナムで働いてるって言っても、年に1回とか2回は日本に帰るわけだし。

そのチケット代もまた別途かかってくるわけですよね。

で、もちろん生活費もかかるわけだし。
家賃、食費、公共料金なんかを払っちゃったら、いくらも残んないわけですよ。

冷蔵庫があって、エアコンがあって、まぁ普通に住める位の広さがあって、安全性にもそこまでの問題がないって言う普通の物件を探して、、、、

今ベトナムのホーチミンで大体1ヵ月の家賃が20,000円位ですね。

平均的な安アパート


ホーチミンの安アパートはこんな感じ。基本的に備え付けの家具はない。
この広さで、立地にもよるけど130ドル〜。
エアコン付きの部屋だともうちょっと高くなる。

それから食費は人によるとは思うんですけど、まぁ安くあげたら15,000円くらい。
プラスで公共料金とかいろいろ払って、結局全部で40,000円くらいですかね。
もしアルバイトで日本語教師をしている場合は、ベトナムビザの申請費用が個人の負担になったりする場合も結構あるんで。

 

その場合はまた別途3ヶ月に5,000円位を見積もっとかないといけないわけですよ。
それで最後に航空券代ですね。

半年に1回日本に帰るとしたら、ベトナムから日本往復の航空券が50,000円60,000円位だと計算していけば、だいたい1ヵ月に10,000円くらいは積み立てておかないと、日本に帰れなくなってしまうわけですよね。

普通に日本語教師をして働いているだけでは結構カツカツの生活になってしまう、ってことがわかるとお思います。

 

 

 

 

給料を上げる必要がある

なので、ベトナム現地で生き抜いていくためには、この低い給料をなんとか改善していかないといけないわけですね。

目的は「快適に途上国で生活をするために」ってことなわけですけどね。

で、ちなみにですね、ボクは実際に日本語教師を現在ベトナムでやってるんですけど。
給料は500円とかではなくて、まぁそれなりにもらってるんですね。
なのでまぁ、、給料上げるためにボクが一体何をしてきたのかって言うのを次の記事では詳しく書いていこうかなと思います。

 

少し注意してほしいのは、ボクは別に日本語教師専門で生きている人間ではない、っていうことです。
フリーランサーなんで、どんな仕事でもやるし、日本語教師っていうのはアルバイトとして入ってるだけなわけです。

現地で根を張って仕事をしてると、もっと給料が高い仕事なんかはいっぱい見つかってくるってことですね。

 

さて、その辺のいろんな仕事の事情もおいおい書いていこうかなぁ、と思いながら。
次の記事は日本語教師の給料を上げる方法について書いてみます。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住7年。元ベトナム語通訳です。日本で働くベトナム人に質の高い教育を施してあげたい。日本に良い人材を送りこみたいという気持ちで教育事業を行なっている日本語教育のプロです。ベトナム人材についてのご相談はボクのメールに直接どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください