最低賃金ってボクは必要ないと思う

最低賃金=プロ意識

ボクはそんなふうに思っています。
今の東京で最低時給って1000円位ですかね?
これってつまり、会社は最低でも労働者に1時間で1000円を払わないといけない。
そういうことですよね。

そうすると
1000円分の働きはちゃんとしてもらわないと困るよ

どうしても、雇っている側の意識はそんなふうになってしまうわけだし。
働いてる方の責任感や、プレッシャーも強いものになってしまう。
そう思うんです。

今の日本でニートとか、働きたくない人が増えている理由っていうのは「働く事に対するプレッシャー」が強すぎるからじゃないかな。

別に肉体的にきついこととか、単純作業をやることが嫌なわけじゃなくて、仕事に対する責任感が重すぎることがニートが増えているクリティカルな原因だと思います。

こういった状況を打開するためには、仕事に対するプロ意識を下げてあげる必要があって。

これはつまり「仕事をする上での精神的なハードル」を下げてあげることが大切だ、と言う意味です。

最低賃金がなくなって、時給を自由化。
つまり時給100円とか、もっと言ってしまえば50円なんかに設定できるようにしてしまえば働く人はきっと増えていくと思います。

日本の社会がかかっている病の1つに
お金を払っている側が絶対的に偉い
と言う価値観があって。

この価値観を壊さない限り、ニートの人が働きたいと思えるような社会にはきっとならないと思うんです。

例えばボクがちょっと筋トレが好きな人だとするじゃないですか。

それでパーソナルトレーナーになりたいなぁって言う気持ちがあるんだけど、なかなか最初の1歩が踏み出せない。
そんなケースってよくあることだと思うんですよ。

ではなぜ踏み出せないか?
それは、
最低賃金=プロ意識
の構造が原因となっていて。

自分位のレベルではお客様からお金をいただく権利はない
と考える謙虚な人が多いからじゃないでしょうか。

でももし、ボクの指導代金がたったの100円だったらどうでしょうか。
いくらお客さんだからって、100円でそんなあれこれと文句を言われる筋合いは無いですよね。
いや、どうでしょう。
むしろあまりに安い値段でサービスを提供してる、なんて場合にはお客さんよりも売り手の方が上の立場になってもいいのかもしれません。

自分の能力に自信がないうちは100円でとりあえず商売を始めて、経験や実績ができてくれば給料を1000円に設定する。
そんなステップができてくれば、いろんなことにチャレンジする人がきっと増えてくるんじゃないかな。
ボクはそう思います。

これは別に自営業の話だけじゃなくて、会社で働く時であってもそうだと思います。

「ボクはそれなりの仕事しかしないですよ。だって今の時給は500円ですもん」
ちょっとここまでくると極端かもしれないですけど、これくらいのセリフを労働者がいえるような社会になったら、日本からニートなんていなくなると思うんです。

サービスのクオリティーは払った値段に比例する。
このあたりまえの感覚が、日本のサービス業全般で麻痺しているみたいです。

だから最低賃金を自分で自由に設定できるようにして、この麻痺を直してあげる。

そのことが
お客様は神様だ
という間違った感覚を修正し、社会で活躍する人が増えることにつながるんじゃないでしょうか。

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください