牛黄清心丸(日水清心丸)を一番安く買う方法

牛黄清心丸(*日本名は日水清心丸)の強烈な効果に惹かれて、ファンになった人っていうのは多いと思います。
はるか昔から珍重されてきた高級生薬、牛黄の効果は現代でも衰えることがありません。

しかしそんな素晴らしい牛黄清心丸なのですが、大きな問題は値段ですよね。
「とにかく高いこの漢方薬をなんとか安く手に入れられないものか」、と思っている人は多いと思います。
そこで今回はこの牛黄清心丸を最安で買う方法について説明していきます。

ボクもいつもこの方法で買っているんですよ。

牛黄清心丸について知らない人はこちらの記事を参照にしてくださいね。

牛黄清心丸のオススメメーカーは同仁堂

牛黄清心丸は中国の薬です。

この名前の漢方薬は、実際にはいろんなメーカーが商品を発売していて、たとえばボクが住んでいるベトナムで中国人が経営している漢方薬局に行くと、香港製の輸入品が売られていたりするわけですけど。

1番の安全株ですね。
もっとも信頼性が高い会社って言うと中国の北京に本社がある同仁堂って言う会社が作っているものになると思います。

なんでこの会社の信頼性が高いかと言うと、中国の中でもものすごく歴史がある会社だからなんですね。

まぁなんといっても1669年に設立された会社で。
「世界最大の漢方会社である」と言う説明が公式のHP上でも紹介されています。
ブランド力がものすごく強い会社なので、北京でも上海でも中国の空港の中には必ず支店が入っていたりするんですね。

空港って言うのはその国の顔のようなものですから、空港で支店を出している会社っていうのは当然信頼がおける会社っていうふうに言うことができるとボクは理解しているわけで。

この同仁堂って会社はイチオシなわけです。

上海の同仁堂支店


これが上海にある同仁堂の支店です。
実際に行って見ると、建物がすごく立派でビックリします。
ボクはこの間上海に行った時に寄りました。

日水清心丸と牛黄清心丸の違い

さて、この同仁堂の牛黄清心丸なのですが、日本ではですね、日水清心丸という名前で販売されていたりします。

日水製薬株式会社という日本の会社が同仁堂の牛黄清心丸を輸入して、日本人向けに売っているものなので、実際の中身は同仁堂の牛黄清心丸そのものです。

まぁ、一度日本の会社を通しているだけあって、説明書なんかも日本語で書かれているし、わかり易かったりはするんですけど。

この日水清心丸を買うときに、とにかくネックになるのは値段なんですね。
ネット販売価格でも一粒で3,000円はしてしまうので、かなり高価なものになってしまっています。

牛黄清心丸はかなりの牛黄を含有している薬なので、日常使いでは8回くらいは小分けにして使うことができるのですが。
まぁ、それにしてもちょっと高すぎますよね。

3,000円を8回に分けて使っても一回の使用に約400円かかるってなると、なかなか庶民には手が届かない値段帯になってしまいますから。

中国から輸入したものを日本でラベリングし直して販売する、それだけでこの値段をつけてしまうっていうのは正直言って「ちょっとボッタクリ過ぎだろう」っていうふうに感じるわけです。

日水清心丸と牛黄清心丸


*上が同仁堂の牛黄清心丸で下が日水製薬株式会社の日水清心丸

どちらも中身は同じだけど、値段が全然違う。

中国で直接買えば価格は1/10!

そこでボクがオススメしたいのは、直接中国に買い付けに行くっていうことです。

日本では1粒3,000円で売られているこの牛黄清心丸なんですけど。
現地の中国では、大体1粒300円もあれば買うことができます。

もっと正確に言うと、空港のお店と市内のお店で値段にちょっとした違いがあったりするんですけど。

実際にこの間ボクが現地の正規店で買った値段は1箱に10粒入りで、 180元でした。
なので1粒で計算すると18元。

1元(15円)×18元=270円
ということになりますね。

この同仁堂、もちろん中国の上海にも支店があるんですけど。

上海って意外に近いものだし、日本から飛行機で行っても3時間もあればついてしまうような場所なので、観光がてらに直接中国の同仁堂支店に行くのが、1番安くすむ方法じゃないかなあってボクは考えてます。

ちなみにもう一つの方法として、中国から並行輸入するって言う方法が考えられるんですけど。

実はですね、ボクは前に一度この並行輸入を試してダマされたことがあります。
高級漢方なので多分中身のすり替えとかをものすごく巧妙に行っている業者があるんですよね。

で、正直言ってどこの業者がちゃんとしているのかっていうのが、ハッキリとはわからない状況だったりするので。

ダマされた経験から言わせてもらうと、あんまり並行輸入はお勧めできないです。

高いものですからね。
自分で現地に行って買うっていうのが1番いいんじゃないかなと思います。

「ニセモノかもしれない」っていう不安と戦いながら飲んでも精神的に疲れるだけで良いことないです。

日本では色々と騒がれてるみたいですけど中国旅行っていいもんですよ。
物価は安いし、指圧マッサージを受けたり、本場の中華料理、小籠包なんかを食べたりして。
お土産をちょっと買って帰るみたいな。

航空券の値段だって今は30000円位で東京から上海までの往復が出てるはずなので、行ってみて損はないです。

中国で牛黄清心丸をまとめ買いしてしまいましょう。
3箱(30粒)を日本で買ったら9万円はするわけですから、航空券代を払っても余裕で元は取れてしまいます。

それが1番安い方法じゃないかなと思います。

🔥✏️ベトナム語教えます

このブログを書いているボクがオンラインでベトナム語を教えます。
コロナ禍の今こそ、ベトナム語を勉強してスキルアップを目指してみませんか?

会話重視の実践的な授業をマンツーマンでご提供。
ベトナム語の最難関ポイントである発音から丁寧にご指導いたします。
目標はネイティブのベトナム人とスムーズに話ができるようになるレベルまで。
初級〜中級レベルまでを対象にした会話授業です。

週一回。最低月額6000円からの超低価格。
最初の授業は無料でお教えしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。↓

中村 祐(なかむら ゆう)
dball3200@gmail.com

このブログの人気記事

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください