バックパッカー向けに!ベトナムの物価をシンプルに説明するよ

どうも。ベトナム在住でバックパッカーのゆーです。
今回の記事はバックパッカー向け情報。

貧乏旅行をする人向けに、ベトナム旅行の予算を「5つのリスト」で紹介します。

リストは4大費用であるビザ代、宿泊費、移動費、食費。
それから「ベトナムに来たからには使うべき費用」に分けています。

この記事を読めばベトナム貧乏旅行の費用が計算できると思います。
この物価表の基準はホーチミン。
ベトナム最大の街ですね。
ボクが住んでいる街なんですよ。

※この記事は適時更新していくことにします。

ビザ代

15日以内・・無料
1ヶ月ビザ・・6000円くらい

ベトナムの滞在についてですね。
15日以内だったらビザはいりません。
なので短期旅行者には問題がないでしょう。

ただ、滞在日数が15日を超える場合はビザを取得しなければなりません。
ここで注意したいのは「ベトナムのビザは結構高い」っていうこと。
他の東南アジア周辺国と比べても「かなり高いなぁ、、、」といった感じですからね。

特にベトナム現地や日本で取ると高いのでベトナムで長居したい人は近隣国でとっておく方法がオススメです。

ちなみに1ヶ月シングルビザをカンボジアのプノンペンにあるベトナム大使館で取ると大体60ドルくらい。
ボクの持っている1年マルチビザにいたっては600ドルくらいします。

ベトナムのビザフリー期間(15日)は2回目にベトナムに入国する時には1度出国してから1ヶ月間以上の期間を開けないといけません。
なので国境を何度も越えてのビザラン(ビザの延長)はできないことに注意をした方がいいですよ。

宿泊費

ドミトリー・・500円〜
シングル・・1000円〜

宿泊費はドミトリー(大部屋)では100000ドン(500円)くらいと安いのですが、シングルは結構高くつきます。
ホーチミンで現在シングルの部屋で最安値は200000ドン(1000円)くらい。

他の東南アジアの国と比べるとタイやカンボジア、ラオスなどよりは30%くらい高いイメージです。
マレーシアやフィリピンより、いくぶん安いって感じ。

東南アジアにはがんばって探せば一泊5ドル前後でシングルに泊まれる街も多いので、それに比べればちょっと割高ですね。

移動費

ホーチミン→ハノイ(バス)・・3200円〜
ホーチミン→ハノイ(飛行機)・・4500円〜

ベトナムは意外に大きい国です。
なんとホーチミンからハノイまでは1480kmもあるのです。

バックパッカーの最安移動手段といえばバスなわけですが、
ホーチミン→ハノイ間を移動する場合、40時間くらいは覚悟しておいた方がいいでしょう。

ただ、バス自体はベッド付きの寝台バスなので快適っちゃ快適なんですが、、、移動時間はかなりのものです。

最近は飛行機(LCC)での移動も安いので超長距離移動にはこちらを使ってもいいと思います。
ベトナム発のLCCでダントツのオススメはベトジェット(Viet Jet)ですよ。

ベトナム最強LCCのベトジェット

ベトジェット(Viet Jet)ホームページ
ベトナムでLCCといえばベトジェット。
国内線の充実はもちろん、ホーチミンからはシンガポール、バンコク、クアラルンプールなどの東南アジア各国への国際線も多数飛ばしています。
他国のLCCと比較しても値段がとにかく安く、バックパッカー的にはかなり利用価値のあるエアラインですよ。

食費

安食堂・・100円〜
レストラン・・500円〜

バックパッカー的な目線ではベトナムの食事事情はかなり優良です。

ご飯は安くて美味しいし、特にホーチミン近郊の町ではたっぷりの野菜を付け合わせで出してくれる食堂が多く、ヘルシーです。

「フォー」などベトナム料理に詳しくない人でも知っているような有名料理も目白押し。
東南アジアの中でも安食堂における選択肢の多さとクオリティの高さには定評がある国です。

有名料理のフォーはちょっと高くて150円〜。
その他の現地メシは大体100円〜と行った感じですね。
地元民に人気のレストランは300円〜、日本食レストランだと500円〜っていうところが大体の相場でしょう。

またベトナムは共産国なので嗜好品はとにかく安い。
ビール飲み放題、タバコ吸い放題ですよ。

ベトナムで使いたいお金

喫茶店のコーヒー代・・50円〜
バイクレンタル費・・500円〜/1日

ベトナムといえばベトナムコーヒー。
ベトナムはコーヒー文化が強く根付いている国なので、現地人も当然コーヒーが大好き。
アジアの国のバックパッカー街にありがちな出がらしのコーヒーではなく、安い上に美味しいコーヒーがそこら中にあります。

値段はなんと路上コーヒーで50円〜。

それから運転に自信がある人にぜひトライしてもらいたいのがレンタルバイク。
ベトナムのインフラはバイク文化によって成り立っていますので、バイクがあると非常に快適に旅行ができます。

バックパッカーの集まる通りにはバイクレンタル屋さんがたくさんありますので、そこで借りましょう。
1日500円〜が目安ですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PhucLong ハス茶 100g(蓮花茶)ベトナム 蓮茶
価格:648円(税込、送料別) (2020/8/9時点)

🔥✏️ベトナム語教えます

このブログを書いているボクがオンラインでベトナム語を教えます。
コロナ禍の今こそ、ベトナム語を勉強してスキルアップを目指してみませんか?

会話重視の実践的な授業をマンツーマンでご提供。
ベトナム語の最難関ポイントである発音から丁寧にご指導いたします。
目標はネイティブのベトナム人とスムーズに話ができるようになるレベルまで。
初級〜中級レベルまでを対象にした会話授業です。

週一回。最低月額6000円からの超低価格。
最初の授業は無料でお教えしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。↓

中村 祐(なかむら ゆう)
dball3200@gmail.com

このブログの人気記事

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください