バカ記事」カテゴリーアーカイブ

インド現地で世界一甘いスイーツを食べてみた!

ナマステ〜。ゆーです。
インド人って世界的にみても糖尿病になる人が多いらしいです。

それもそのはず。
インドの料理ってとにかく炭水化物が多いんですね。
パン系でもご飯系でも、とにかくタンパク質が少ない。
それがインド食文化の特徴です。

そんなインド人が作り出したインド伝統スイーツってのが「メチャ甘」なのは想像に難くないところでしょう。
実際に世界で1番甘いスイーツはインド出身。
そんな話が有名になっているのだとか。

この世界一甘いスイーツを今回は現地で食べてみることにしましょう。

世界一甘いスイーツ「グラブジャムン」

誰が決めたのかは謎ですが、いつのまにか世界で1番甘いスイーツとして有名になってしまったのがこの「グラブジャムン」です。

ボクは昔からよくインドへ旅行に来ているのですが、大昔に食べたっきり全然食べていません。
昔食べた時に「甘っ!」ってなって。
それ以降インドスイーツにチャレンジする気力をなくしてしまいました。

インドのスイーツって見た目は可愛いらしくて、何個でも食べれそうに見えるんですが、その実は、、、
ボクは買ったお菓子を食べ切れたことがありません。

なので今回は超久しぶり。
なんと15年ぶりにグラブジャムンを買いに行ってみることにします。

久しぶりのインドスイーツ屋。
オヤジの身体もいい感じにボッてりとしていていますね。
これだけ糖尿病が多いインドなので、このオヤジが糖尿病にかかっているのは間違いないところでしょう。

美味し(そうな)インドスイーツがところ狭しと並べられていますが、基本どれも地雷です。
甘すぎて美味しく食べ切れた試しがないんですよね。
(失礼?)

いた。グラブジャムンです。
普段から町歩きしているときによく見かけるのですが、まず普段は買わないのでいつもスルーしているヤツです。
値段は、8ルピー、、、、
安いですね。
日本円にしたら12円ってとこでしょうか。

さて、お持ち帰りしたグラブジャムンがこちら。
相変わらず見た目からして甘そうです。
テカテカしています。
葉っぱのお皿二枚重ねで出してくれたのですが、宿に持って帰る間に手にまで甘さが浸透してしまいました。
それでは早速実食。

食べてみると、やっぱり甘い。
でも、食べられないってほどではありません。

このグラブジャムン。
サーターアンダギーの柔らかいバージョンを蜂蜜に1週間ほど漬けたようなお菓子といえばわかりやすいでしょうか。

もちろん、甘ったるいのは事実なのですが、他のインドスイーツに比べたら全然食べれるレベルです。
ほとんどのインドスイーツって和菓子みたいな「砂糖の塊的なお菓子」なので、独特の甘みがあって。
ボクは正直苦手なんですが。
カルダモンココナッツの風味がうまく融合していて、なかなかの味に仕上がっています。

昔にこのグラブジャムンを食べた時はバラナシっていう街で食べたんですけど、バラナシのグラブジャムンが特別甘かったのかなぁ、、、
普通に美味しく食べれてしまいました。

もう一つおまけに「ブラックグラブジャムン」

タージマハルを知っているでしょうか。
真っ白な大理石で建てられたインドの古いお墓です。
ムムターズマハルっていう女の人がいまして、この女の人が死んだ時にお金もちの旦那さんが建てたものになります。

この日本でも有名なタージマハル。
実は黒大理石のものも作る予定だったことを知っている人は少ないかも知れません。

白のタージマハル黒のタージマハル
もともとは2つのものを対で建てる予定があったわけです。

なんの話をしているんだ?って言われちゃいそうですが。
実は今回グラブジャムンを買うときにグラブジャムンの亜種的なお菓子、名付けて「ブラックグラブジャムン」を見かけたのでついでに買ってみたのです。

グラブジャムンと対になっているブラックグラブジャムン。
まるでタージマハルのようです。

このグローバルな世の中。
グラブジャムンはAmazonや楽天でも買えちゃうみたいですが、さすがにこのブラックジャムンは売ってないでしょう。
ということで、世界一甘いスイーツのブラックバージョンも食べてみることにしました。

グラブジャムンとの違いは、、、、

焦げ?
なんか魚を焼き過ぎた時にできるお焦げ的な風味が口の中に広がります。

まぁ、不味くはないんだけど。
中身はそのまんまグラブジャムン。

ちょっと拍子抜けですね。
あまり考えずにペロっと平らげてしまいました。

コルカタの名物スイーツ「ミスティドイ」

甘い甘いと言ってばかりだとインドスイーツをバカにしているように見えるので、最後にインドスイーツ現地事情を少しだけお話ししましょう。

インドにはいろんな街ごとにご当地スイーツっていうのがあって。
インド人同士旅行へ行ったらお土産としてプレゼントしたりするみたいです。
この辺の感覚は日本人と同じですね。

そんなインドご当地スイーツの中でも絶品なのがコルカタのミスティドイです。

このスイーツ、濃厚な旨味のあるヨーグルトで作られた、ヤクルト的な風味のある逸品です。

砂糖加減は「絶妙なところのちょっと上」
つまり「やや甘」なのがインドっぽいところなんですが、インドで食べれるスイーツの中では中々にバランスのとれたものになっています。
一度食べたら割とハマる人も多くて、毎日買いに来るお客さんが多いみたい。

コルカタに来たら「ミスティドイ」。
覚えておくといいかもしれませんね。

池袋の「フォーティン東京」は美味いのか?ガチで検証してみる

東京の池袋に超本格フォーの店が出店したらしい。
それもハノイの名店フォーティン(Phở Thìn)の2号店だそうだ。
ベトナムに住んでいて毎日のようにフォーを食べているボクとしては、これは捨て置けない情報である。
早速行ってレビューをしなければ!

ということで
・東京のフォーティンは本当にうまいのか?
・本当に本格的なフォーの味なのか?
ということをチェックしてきました!

続きを読む

卒倒レベルのニコチン量!世界最強のタバコを知っているか!?

どうも。ベトナムのホーチミンで生活しているゆーです。
現在ボクが生活しているベトナムには世界トップレベルに超強烈なタバコが存在しています。

その強さといえば、もはやタバコではなく麻薬と呼んでもいいのではないか、と言えるほどのもの。
このタバコにチャレンジする猛者達をバタバタと地面に卒倒させています。
「一体どんなタバコなのか?」
気になった人にはぜひ読んで欲しい記事です。 続きを読む

サッカーファンが暴徒化!修羅のベトナムで愛国グッズを買ってみた

ベトナムで国民的スポーツと言えばサッカー。
国際試合では毎試合ごとにサポーターが荒れまくって、ベトナム独自のバイク文化と合わさって大都市圏を異常なまでの大渋滞に落としいれるのですが、2018年1月にサッカーU23の世界大会が開催。
ベトナムはなんと準優勝を勝ち取りました。

決勝戦の4日前に行われた準々決勝の夕方にはベトナムの勝利によりホーチミンでも稀に見る大騒動が起きていたのでその様子をレポートしていこうと思います。 続きを読む

外国人が作った「チンポ」が主人公の漫画を日本語に翻訳するよ

前回の記事ではベトナム発のゆるキャラである「チンポくん」ですね。
この素敵なキャラクターの魅力を伝えたところですね。

この記事から読んだ人は「何を言ってるんだお前は」ってなること必至なので、ぜひそちらにも目を通していただきたいと思うんですが。

今回はですね、このチンポくんのマンガについて、面白いものを何個かピックアップして翻訳していきたいと思います。 続きを読む

外国人が作ったゆるキャラ「チンポくん」のクオリティが高すぎる

「外人にゆるキャラ的な文化はわかんないだろう」って思ってる人も多いと思うんですが。
実際には日本以外の国にもあるんです!
すごいゆるキャラが!

アジアのベトナムって言う国。
そこはボクが生活している国なんですが。
そこでド直球で破壊的なゆるキャラを発見してしまいましたので、ちょっと紹介しようかなと思います。

かなり際どいですが、クオリティだけはやたらと高いです。
今回は内容的にシモなワードを使わざるを得ない記事なので、無理な人は読まないことをオススメします。 続きを読む

牛黄清心丸(日水清心丸)を一番安く買う方法

牛黄清心丸(*日本名は日水清心丸)の強烈な効果に惹かれて、ファンになった人っていうのは多いと思います。
はるか昔から珍重されてきた高級生薬、牛黄の効果は現代でも衰えることがありません。

しかしそんな素晴らしい牛黄清心丸なのですが、大きな問題は値段ですよね。
「とにかく高いこの漢方薬をなんとか安く手に入れられないものか」、と思っている人は多いと思います。
そこで今回はこの牛黄清心丸を最安で買う方法について説明していきます。

ボクもいつもこの方法で買っているんですよ。 続きを読む

ボクがいつも使っている最強漢方の牛黄清心丸を紹介するよ

漢方薬で最強の薬ってなんでしょう?

そもそも漢方っていうのはその人の体質に応じて処方されるものですから、「この薬が最も強い!」なんてことは言いづらい面を持っているたりするものですが。
それでも万能薬的な高級漢方薬っていうのも実はあります。

今回はそんな世界最強とも呼べる漢方薬を紹介しようと思います。

ちょっと舐めれば体力全快!精神を強くする神の薬。
これさえあれば徹夜明けのハードワークだってこなせてしまいます。 続きを読む

「すき家史上もっとも辛い牛丼」を食べてみた

最近ホーチミンにすき家が上陸したんですけどね。
普通の日本食レストランに比べると、すき家ってかなり安いんですよね。
それでボクもちょくちょく食べに行くんですけど。

こないだベトナムのホーチミンのすき家に行ったらですね、「すき家の歴史上1番辛い牛丼」って銘打ってる新メニューを見つけたんですよね。

それで実際に食べてみたので、ちょっとその感想を書いていこうかなと思います。
おそらくホーチミン限定メニューなので、日本で生活している人には食べる機会がないんでしょうけど。
こんなものあるんだ、っていう感じで読んでくれればいいかなぁと思います 続きを読む

ボクが感じた太陽直視健康法の問題点

前回までの記事で説明した通り、「毎朝太陽を直視する健康法」には

・日中の体温の上昇
・夜グッスリと眠れる

などの素晴らしい効果があることがわかりました。
ボクの夜型の狂った生活リズムは本来あるべき形へと戻ったわけです。

しかしながら1ヶ月も継続して行っていると、当然「別の面」も見えてきます。
そう。太陽直視健康法の悪い面です。

良いことばかりを書くのはフェアではないので、
ボクが実際に感じた「太陽直視健康法の問題点」について。
最終記事である今回は書いていくことにしましょう。

※この記事は太陽直視健康法の3/3です。
1/3・・インド人を信じて太陽直視を1ヶ月続けた結果
2/3・・太陽直視健康法でボクが感じた具体的な効果

太陽を見ると顔が老ける?”

太陽直視健康法の最大にして唯一の問題点。
それがコレです。

顔が老ける!!

老化が進む、なんてことは健康法としては論外。
「老け顔になりたい」なんて人がいるわけはないですから、これは非常に大きな問題です。

ボクがなぜこの問題に気づいたか?
それは1ヶ月ぶりに母親に会った時に言われた一言がきっかけです。

ゆー。言いづらいんだけど、、、最近顔が老けたんじゃない?

ものをハッキリと言ってくれる人がいる、というのは貴重な財産ですね。
この時ほどボクが母親に感謝したことはありません。
だって、言われなかったら自分で気づかないことってたくさんあるでしょう?

母親に言われてからというもの、ボクは自分の顔をちゃんと鏡でチェックするようになったわけですが、確かに顔が老けていっている感じがあります。

不健康な顔色ではない。
むしろ活動的に動いている人間のエネルギーに満ちあふれた顔です。

しかし問題は、シミやそばかすのような肌のコンディションです。

こちらが明らかに悪くなっていることに気がついてしまいました。
確かに考えてみれば

・活動的で屋外スポーツが好きな人
・家でゲームなどをしている人(オタク?)

を比べると、明らかにオタクの人の方が肌の状態はキレイだと思います。

あまり外へ出ない生活スタイルが健康的とは思えませんが、肌に関しては若く見えるのは間違いなくオタクの方です。

農家の方など炎天下の中で働いている人たちは、身体は健康的ですが、だいたいの場合老けた顔をしています。
これはおそらく紫外線の影響でしょう。
紫外線を浴びるとシミやそばかすが発生する、というのは常識的な知識。
この知識をボクは身を持って体感することになってしまったわけです。

これはものすごい問題にぶち当たってしまいました。

だって

外出して身体を使う = 健康的だが顔は老ける
外出しないで家にこもる = 健康的でないが顔は老けない

というパラドックスに気付いてしまったからです。

誰もが目指す身体というのは「健康的な身体と老けない顔」であるはずです。
この2つを両立させる方法はないものか?
新しい課題にぶつかることになってしまいました。

太陽直視健康法の方法論自体は正しい

この太陽直視健康法の最初の記事では「なぜ太陽を見ると健康に良いのか?」その理論について書きました。
今思い返してもこの理論が間違っているとはボクは思えません。

だって

朝起きてまず日の光を浴びる
これはすべての動物にとって基本中の基本でしょう。

それにボク自身、この健康法を行うことによって

・生活リズムの安定
・活動的な性格になった

などの健康効果を実際に得ることができたわけですから。
良いこともたくさん感じることができたわけです。

でもやっぱりここで気付いたことは「極論は良くない」という原則です。

理論は正しい。
しかしやり方が極端であってはならないのです。

過ぎたるは及ばざるが如し
まさにこのことわざがしっくりとくるシュチュエーションですね。

でもそんなに落ち込むような話でもない、とボクは考えます。
だって今回の反省を活かして、よりパーフェクトな健康法を生み出せばそれで良いわけじゃないですか。

新生「太陽健康法」

このような失敗を糧にして、新たな健康法を作ってみました。

それは

朝起きたらカーテンを開けて太陽光を2〜3分浴びる
こんなシンプルなものです。

太陽の紫外線量は朝日であればそんなに多くはない。
そんな情報を信じて太陽直視を続けてみたんですが、さすがに直視は強烈過ぎたようです。
シミやそばかすを増やしたくはありませんから、これくらいがちょうど良い落とし所なのだと感じます。

軽く朝日を浴びながらコーヒーを一杯。
これくらいでも十分に目は覚めるし、日中の気力もちゃんと補充されることを確認しました。

実際、このくらいの紫外線量であれば肌が荒れることもないようで。
母親に指摘されてしまった「老け顔」も今ではすっかり元どおりになることができました。

そして太陽健康法の醍醐味である「生活リズムの安定」ももちろん感じることができています。

朝日は大切。
なんと言っても1日の気力はここで決まるわけですから。
そのことは今回勉強することができた最高の知恵です。

でも見過ぎは禁物です。
朝のゆったりとした時間を大切にしながら、カーテンを開けて朝日を浴びる。
こんな生活習慣こそが現在のボクにとっては最高のものであるようです。