ボクは1年の実体験から、ビーガンは体に悪いと思う

ベジタリアンの中でも最も厳しいルールを持つビーガン。
そんなビーガンに、「健康のためになろうとしている人たち」のために今回の記事は書きました。
ボクのベジタリアン経験を語っていこうと思います。

本当にビーガンは体にいいのか?
少なくともボクの経験上はオススメできないんですよね。

*この記事は「これからベジタリアン生活を始めようと思っている人」にアドバイスをする記事であり、ビーガンの人を否定するためのものではありません。

ビーガンとは何か?

ボクは割と健康意識が高い人間です。

昔からいろんな健康法を試してみて、「何が本当に1番自分の体にとって良いものなのか」っていうのをのチェックするのが習慣になっているんですけど。
一度始めたら、割と本格的なところまでやってしまおうっていう、そういう考えで動いていたりします。

ベジタリアンって言うものに関しては、昔大学生の時にですね。
1年間だけビーガンっていう1番厳しいベジタリアンをやってみた経験があります。

実はベジタリアンにもいろんな種類があって、「お魚は食べてもいいよー」とか、「卵は食べてもいいよー」とか、「牛乳は飲んでもいいですよ」っていう。
そういったいろんなレベルがあるんですけど。
ビーガンはその中でも1番厳しいものです。

動物性タンパク質は全部取れなくなってしまうので、チーズとか牛乳とか乳製品系ですよね。
そういったものも全部ダメになっちゃうわけです。

肉や魚は論外として。
牛乳飲めないし、ヨーグルト食べれないし、アイスもダメみたいな。
ビーガンやってるともう、なんでもかんでもダメになっちゃうんですけど。

まぁそういう1番過酷なベジタリアン生活をやってみたわけですね。

ただですね、ボクの中の結論から言うと、正直ビーガンはやり過ぎ。
あまり体に良くないんじゃないかなっていう結論に達したんですね。

ビーガン食

ビーガンの食事っていうとどんなものがあるかと言うと、英語サイトにいろんなレシピが紹介されています。
このキャベツロールなんてすごいですよね。
本当、野菜だけ。
ボクはめんどくさいのでこんなの作らずに、豆腐ばっかり食べてましたけど、、、

参照:The New Way to Get in Your Greens: Collard Green Wraps

ビーガン生活で慢性的にビタミンB12が欠乏状態に

で、それはどうしてかと言うと。
ビーガンをやっていると、体に元気が湧いて来ないから。

いや頭はすごくスッキリするんですけど。
「気合を入れて一仕事しなきゃいけない」って言うようなときに、体の奥底から湧き出るエネルギーみたいなのが出てこなくなっちゃったからなんですね。

「それはどうしてなのか?」という事をちょっと考えると、やっぱり動物性タンパク質にのみ含まれているとされるビタミン。

ビタミンB12というものが不足しているからじゃないのかな、っていうふうに考えました。

ビタミンB12っていうのは動物性のタンパク質にしか含まれない物なんですね。
だから大豆みたいな植物性のたんぱく質を大量に摂取しても、ビタミンB12の摂取量は「0」。
全く取れないっていうことになっちゃうわけですよ。

化学的にはビタミンB12を含有している植物性の食べ物っていうのは海苔だとかにちょっとだけ入ってるっていう話なんですけど。
実体験から言うと、海藻系の食べ物を大量摂取してもあまり元気が出てくる感じはなかったんですね。

、、、海藻に含まれているビタミンB12って人間が吸収できるものなんでしょうか?
ボクは怪しいもんだと思っています。

まぁそんな時にビタミンB12のサプリを取ってみると、体温がものすごく上がって気力が湧いてくるもんだから。
これは間違いなく「ビーガン生活をすると圧倒的にビタミンB12が足りなくなるんだな」って感じたわけですよ。

ボクは白人のビーガンの友達なんかもいたりして、たまに食生活の話で盛り上がることがあるんですけど
やっぱり彼らが常に気にかけているのもビタミンB12不足なんですよね。

その点からしてもビーガンの生活にとって1番大切なポイントになってくる要素がビタミンB12である事はもう間違いがないと思っています。

ビーガンといえばビタミンB12


ビーガン生活をしていると必ずぶち当たる壁がビタミン12不足です。
ビーガン用サプリの人気っぷりがそれを証明してると言えるでしょう。
外国ではビーガンの人向けにビタミン12のサプリが大人気なんですね。

ビーガン生活では気力がなくなる

ボクから見るとビタミンB12っていうのは気力の源みたいなものだと感じているんですね。
そしてそのビタミンB12っていうのは動物性のものにしか含有されていないと。

、、、もう、これは人間の業みたいなもんじゃないですかね。

「人間の歯っていうのはもともと肉食に適していない!
だから本来は植物を食べて生活するのが人間にとって最も健康的な食生活なんだ!」、みたいなことを言う人もビーガンやってる人の中にはいると思うんですけど。
やっぱりこれは栄養学的には間違っているんじゃないかなと思うんですね。
(哲学的には素晴らしいと思いますが、、、)

だってどれだけバランスをとった食生活をしていても、完全に植物性のものしか体に摂取しない食生活をしてみると、必ず体にこういった異常が出てしまうわけですから。

まぁやっぱり人間っていう生きものは動物を殺めて、それによって生かされている。
そういう存在なんだ、っていうことに気づくことが最も大切なんじゃないかな。

そんなふうにボクは1年間のビーガン生活を通じて感じました。

ということで、これからビーガン生活にトライしてみようかなと思っている人がいたとしたら、1つだけアドバイスをさせていただくと。
ビーガンやるとビタミンB12が不足して気力がダウンしてしまうことだけは間違いがないですよ、って言う。
そういうことですね。

とは言ってもビーガン生活には「肉食をやめることによって心が穏やかになる」という効果は確実にありますので。
凶暴な人でもビーガン生活をすれば優しい人になれる、なんてメリットもあったりするわけです。

この辺のところは
[平穏な精神=気力不足]
と理解するとわかりやすいと思います。
精神的な安定を手に入れると、攻撃性や気力っていうものが必ず不足してしまう運命にあるってことです。

実際にボクもビーガン生活の時には人とケンカなんて一切しませんでした。
なのでビーガン生活をすると生活が穏やかになることは間違いないと言い切れるんですけどね。

🔥✏️ベトナム語教えます

このブログを書いているボクがオンラインでベトナム語を教えます。
コロナ禍の今こそ、ベトナム語を勉強してスキルアップを目指してみませんか?

会話重視の実践的な授業をマンツーマンでご提供。
ベトナム語の最難関ポイントである発音から丁寧にご指導いたします。
目標はネイティブのベトナム人とスムーズに話ができるようになるレベルまで。
初級〜中級レベルまでを対象にした会話授業です。

週一回。最低月額6000円からの超低価格。
最初の授業は無料でお教えしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。↓

中村 祐(なかむら ゆう)
dball3200@gmail.com

このブログの人気記事

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください