[ミニマリスト]ベトナムの生活費。ガス代は1ヵ月でこれくらい

ベトナムで料理をするときに、当然ガスを使うわけじゃないですか。
まぁ今はIHとかもあるのかもしれないんですけど。
IHだと海苔も焼けないし。
なんだかんだで結構不便なこともあるもので。
やっぱり原始的な方法でガスって言うのが1番便利な気がするんですよね。

ベトナムでガスを使うってなると
日本で言うところのガス会社みたいなところと契約しないといけないの?
そんなふうに考える人もいると思うんですけど。

ベトナムでガスを使う方法はいたって簡単です。
方法は2つあります。

①巨大ガスボンベをリースする
これってバックパッカーで途上国を回っていると割と世界中どこでも見かけるやつです。

高山地帯とかにも多いんですよね。
インドにダージリンって言う街があって、そこは高山地帯なんですけど。
そこでもボクはこのガスボンベを担いで家に搬入している人を見たことがあります。
山の上だからすごく大変そうでしたけどね。

山の上とかってガス会社なんか当然ないわけじゃないですか。
だから彼らは1ヵ月ぐらいは使える位のガスが詰まったこの巨大ボンベを自宅に搬入して生活してるという。
そんなわけです。

このボンベ。要はガスのまとめ買いですからね。
ベトナムでもこいつを使えばとにかくガス代が安くなります。

ただ場所をとるし、めちゃめちゃ重たいし、引っ越す時にも大変だし。
さらにいえばもし仮に爆発でもしてしまったら確実に家ごと壊滅する大惨事、ってことで大家に嫌がられるられることもある。

こんな感じでめんどくさい要素がてんこ盛りなのでボク的にはあんまりオススメできません。

②ミニコンロを購入する
ガス缶を使って料理ができるミニコンロっていうのがベトナムのヤマダ電機的なお店でたくさん売られています。

これはめちゃめちゃ軽いので持ち歩きも簡単だし、2000円位で買えてしまうのでボク的にはかなりオススメです。

荷物にならないので引っ越しの時にも簡単に運べる気軽さがあります。
それによって心のフットワークが軽くなるのが嬉しいんですよね。

このガスボンベ。
市場で新品を買ったら一本100円位なんですけどね。

ベトナムのローカルなお店、というか駄菓子屋みたいな所ではガスを再充填させた中古品を売っていて。
空になったガス缶を持っていくと35円位で交換してくれます。

まぁ爆発するリスクもありそうってことで、現地人の中にも怖がっている人がいたりするわけですけど。

ボクはあんまりそういうの気にしない性格なので普通に使っています。

確かに相当使い古されているので今にも爆発しそうなボロボロの外観をしている缶も多くて。
怖がる人の気持ちもわからないでもないんですけどね。

新品の缶と比べると1/3のガス代で済むくらいの節約になるわけですから。
背に腹は変えられない
ってやつです。

我が家の1ヵ月の電気代は計算してみると大体280円位でした。
このガス缶が1本あれば大体3日〜4日くらいは料理ができるので、1週間で2本消費する計算。
1ヵ月あたり8本になるので、大体280円位になっているみたいです。

まぁ。ボクは中古の缶を愛用しているわけですけど。
爆発が怖い人は普通に市場で毎回新品の缶を買えば良いと思います。
それだと1カ月のガス代は800円くらいですかね。

🔥✏️ベトナム語教えます

このブログを書いているボクがオンラインでベトナム語を教えます。
コロナ禍の今こそ、ベトナム語を勉強してスキルアップを目指してみませんか?

会話重視の実践的な授業をマンツーマンでご提供。
ベトナム語の最難関ポイントである発音から丁寧にご指導いたします。
目標はネイティブのベトナム人とスムーズに話ができるようになるレベルまで。
初級〜中級レベルまでを対象にした会話授業です。

週一回。最低月額6000円からの超低価格。
最初の授業は無料でお教えしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。↓

中村 祐(なかむら ゆう)
dball3200@gmail.com

このブログの人気記事

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください