日本人全員が貧困になったとしても、コロナ対策は徹底するべきだ

・コロナにかかって死ぬ人
・コロナで失業して自殺する人

この2つを天秤にかけてコロナ対策を考えている人が多い気がするんですけど。
ボクはこういった考え方ってあまり好きじゃないんですよね。

って言うのも、これはコストパフォーマンスを軸にした考え方でしょう。
A案とB案を見比べてみて、どちらの方がメリットが大きいか、そしてデメリットが大きいか。
こういった思考で物事を判断していく。
そういった行為なんだと思います。

でもですね。
こういった伝染病の蔓延みたいな話っていうのは経済とかビジネスとはそもそも性質が違うわけだから。
コストパフォーマンスで考えて、物事を決定してはいけないと思うんですよね。

だって人命が関わってくる問題なわけですからね。

右の道へ行ったら100人が死ぬけど、左の道へ行ったら5人の死者で済む。
だから左の道へ行くべきだ。
だってそのほうが得だから。
メリットが大きいから。
コストパフォーマンスが高いから。

こういった考え方っていうのは人の命が関わる案件ではやってはいけないんじゃないかなとボクは思っちゃうんですよね。

コロナにかかって死ぬ人

これって自業自得じゃないですよね。
だってちゃんと対策をして、病気が蔓延しないようにしていれば、この人は死ぬ事はなかったわけでしょう。

だからこれは自業自得じゃなくてまさに犠牲者なんだと思うんですよね。

コロナによって職を失って自殺する人

いやこういうことが実際に起きているとしたら、もちろんそれはとても悲しいことだと思いますよ。本当に。

ただこういった人たちがどうして自殺するのか?って言う原因を考えると。それは「周りの人に頼ることができないから」なんじゃないかなって思うんですよね。

どういうことか?というと。

例えば地震が来たら家がなくなったりするわけですよね。
日本っていつもそういうリスクが発生しうる国なわけです。

で。そんな時に家がなくなって惨めな生活をしなければならない人っていうのはたくさんいるわけですよ。

でもこういった人たちって仕事がなくなってお金がないから自殺する人とは違って、自殺はしないわけです。

むしろけなげに生きているというか。
生き残った者の使命として、よりいっそう頑張りたい、って言う気力を感じるというか。

そういった姿が日本人のみならず世界中の人を感動させたりしているわけじゃないですか。

経済的困窮っていう要素は同じであっても、
「地震で家を失う人」と「コロナで家を失う人」
は自殺するか?しないか?と言う点では全然違うことをしてしまうわけです。

どうしてでしょうね?

ボクはこれって
プライドの問題
だと思うんですよね。

つまり地震が来て家を失う場合って、自分だけじゃなくて周りの人たちも一緒になって大変な思いをするわけじゃないですか。

周囲の人たちも含めてみんなで一丸となって困難に立ち向かっている時には、日本人ってかなり頑張れるわけです。

だけど自分だけ仕事を失うみたいな、自分だけが惨めな状況には耐えられない。
都会で孤独にホームレスのような生活をしなければならないような状況。

それって今の時代では全て「自己責任」って一言で片付けられて。
誰も助けてくれないわけじゃないですか。

だから精神的に耐えられなくなって自殺しちゃう。
そういうことだと思うんですよね。

これっていわばプライド自殺とでも言えるんじゃないかなぁ。

でも考えてみたら今回のコロナ騒動っていうのは誰に責められるものでもない不可避なものじゃないですか。

突然、こんな大変な状況が訪れて、何の準備もできていないものだから明日から生きていくことができない。
そんな人が増えてしまうのは当たり前のことだと思うんですよ。

だから本来的には今回のコロナによって経済的困窮になってしまった人っていうのは、周囲の人に助けを求めたらいいんじゃないか、って思う。

だってこんな状況で、
お米分けてください。味噌分けてください。
こんな話って全然通る話だとボクは思うんですよ。

もしかしたら
1週間だったら家に泊まってもいいよ
なんて言ってくれる友達が出るかもしれないですよね。

ボクは友達がいない

確かにそんな人もいるかもしれないけど、じゃあ国に守ってもらえばいいじゃないですか。

生活保護を申請すれば今の時期だったら絶対通るんじゃないかな。と。
そう思っちゃうんですよね。

いや、わかるんですよ。
今のご時世に「人に助けを求める」っていうことが、どれだけやり辛いことなのか?っていうことは。

日本人はいつの間にか冷たくなってしまったんでしょうね。
「自己責任論」が強くなりすぎちゃったっていうか。
助け合いの気持ちがなくなって来ちゃったのかなあ。

まぁ。むしろ今回のコロナ騒動っていうのはここまで冷たくなりすぎてしまった日本人の心にガツン!と鉄槌を与えてくれるもの。
そんな風に捉えた方が良いのかもしれないですけどね。

とにかく人命に関わる案件でコストパフォーマンスや経済を軸にした考え方をする事はボクは反対です。

大切なのは気持ちであって、お金じゃないと思うからです。

これはすごい極論ですけど。
たった1人のコロナ患者を救うために日本人全員が貧困に陥る
それでもいいんじゃないかな、とボクは思うんですよね。

なぜか?っていうと。
それはボクが
コロナ問題は経済の問題じゃなくて精神や気持ちの問題だ
って認識しているからです。

だってみんなが貧乏になったら助け合わざるを得ない世界になってくるでしょう。

今までずっと自己責任の時代が続いて、自由だけど孤独で誰も助けてくれない。
そんな世界でみんな頑張って生きてきたわけじゃないですか。

もうそろそろ限界じゃないですかね。
ぶっちゃけみんな寂しくないですか?

ボクは正直、結構寂しいですけどね。
日本で生活していると。

🔥✏️ベトナム語教えます

このブログを書いているボクがオンラインでベトナム語を教えます。
コロナ禍の今こそ、ベトナム語を勉強してスキルアップを目指してみませんか?

会話重視の実践的な授業をマンツーマンでご提供。
ベトナム語の最難関ポイントである発音から丁寧にご指導いたします。
目標はネイティブのベトナム人とスムーズに話ができるようになるレベルまで。
初級〜中級レベルまでを対象にした会話授業です。

週一回。最低月額6000円からの超低価格。
最初の授業は無料でお教えしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。↓

中村 祐(なかむら ゆう)
dball3200@gmail.com

このブログの人気記事

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください