タイのお茶の特徴は甘み!お茶をジャンクな飲み物にしたタイ人は凄い!

その国で飲まれているお茶は、その国の文化そのものを表している。
ボクはそう思っています。

タイティーを現地で飲んだことがある人はもちろん知っていると思いますが、タイのお茶はとにかく甘い!
お茶なのに、健康的な飲み物というよりはコーラやスプライトのようなジュースに近い感じです。

日本人からしたら、なぜお茶を甘くするの?って思いますよね。

甘いお茶なんて美味しくないでしょ。
そんな声も聞こえてきそうなところですが、大丈夫。
ちゃんとおいしいんです。

タイ茶にはバニラが入っている!

タイ茶というのはそもそもが甘く飲むために設計されていて。
甘〜く淹れる前提でいろんなフレーバーがつけられています。

タイでは町中至る所でタイティーを売る露店が出ているのでそこで飲むことができるんですが、どの店で飲んでも必ずこってりで甘め。

砂糖、練乳、そして濃厚なミルク。
これらをミックスして、クラッシュアイスで冷やして飲む。
これがタイ式の茶文化なんですね。

この甘いタイティー。
暑いタイで飲むと、とにかく美味しいんです。

ボクはタイに行ったら1日に1杯は飲んでいます。
まぁ甘いっていっても結局はお茶だし、コーラやジュースを飲むよりはたぶん体に良いかなって。
そんな感じです。

そんなタイティーなんですが、色は独特なオレンジ色をしています。

これが結構人工的な色で、人によっては気持ち悪っ!って感じるくらいのものです。
アメリカ人はこのタイティーが大好きで、アメリカのタイレストランでも大人気らしいんですけど、言われてみればアメリカ人が好きそうなわかりやすいオレンジ色をしています。
(失礼?)

結構強めのオレンジなので、何を入れればこんな色になるのか?って疑問が浮かびますよね。

一応ボクもタイティー大手の会社の英語版公式サイトとかいろいろチェックしてみたんですけど、完全な情報は見つからなかったです。

でも一応調べた結果分かったのは
・バニラ
・オレンジフラワーウォーター
・スターアニス

このあたりですね。

着色料に関しては
タマリンドの種で色をつけている場合と人工着色料の場合があるみたい。

お茶っ葉にバニラやオレンジのフレーバーをつけるなんて、発想がすごいですよね。
こりゃあ練乳と合うのも納得。って感じです。

スターアニスってなに?


スターアニスって言われてなんのことかわかりますかね?
ボクは最初わからなかったです。
スターアニスっていうのは八角のこと。
中華街で漂っている独特な匂いってあるじゃないですか。
あれのもとです。

タイ茶No.1ブランドはCha Tra Mue!

タイに行ったらどこでおいしいタイ茶が飲めるのか?
上にも書いた通り、タイでは道でも、喫茶店でも、至るところでタイティーが売られているんですけど。
どうせだったら1番おいしいお店で飲みたいですよね。

このタイ茶を作っている会社っていうのは、ほぼ独占状態のようなもので。
Cha Tra Mue(チャトラムー)っていう会社が作っているタイティーが一番ポピュラーです。

道端で売っているタイティーであっても茶葉自体はこの会社のものを使っている場合がほとんどだと思うので、いかに有名なブランドなのかというのがわかります。

さて、道で暑さと戦いながら飲むタイティーも趣があっていいものなんですけど、ちゃんと味を楽しみたい人にオススメなのがこのCha Tra Mue直営の喫茶店に行って飲んでみるってことですね。

直営の喫茶店で飲むメリットって結構たくさんあります。
・道の露店にはないいろんなフレーバーが楽しめる
・直営の喫茶店はオシャレな雰囲気
・値段は普通に安い!(40バーツ=120円)くらい

タイティーといえばオレンジ色のものが一番ポピュラーなんですけど、Cha Tra Mueの直営店ではグリーンティー、ローズティーなど露店では売られていないいろんな味を楽しむことができます。

直営店の味はより洗練されているのもオススメできるポイント。
甘さはより控えめで、濃厚な茶葉の味がしっかりと感じられるように作られているのがうれしいところです。

それに直営店は立地もいいからですね。
高級デパートの中に入っていたりして、洗練された雰囲気の中で楽しめる上に、値段は据え置き。
たったの120円くらいです。
カップもかわいいんですよね。
持ち帰って何かに使えそう、、、
なんて考えてしまうくらいです。

タイ人はなぜ甘いお茶を作ったのか?


*タイのコンビニで売られている緑茶。甘い、、、

お茶が甘い、というのは日本人にとって結構なカルチャーショックです。
ボクはバックパッカーとして世界中いろんな街を旅したことがあるんですが、タイほど何を食べても、何を飲んでも甘い国ってのは正直ありませんでした。

タイの食文化はそもそも甘みという味覚がかなりキャッチアップされて成り立っている感じがあります。
タイ人ってラーメンにだって砂糖を入れるし、ご飯系のおかずにだって容赦なく砂糖をまぶしています。
タイの屋台でご飯を食べると、必ず砂糖が卓上調味料として置かれています。

昔タイ人の友達を豚骨ラーメン屋に連れて行ったら、当然のように砂糖をドサっと、、、
ということも経験したことがあり、あれはなかなかの衝撃でした。

タイのコンビニで買った緑茶が甘かった、、、
なんて失敗談はバックパッカー的にはあるあるなわけですが、それだけ甘みが大好きな人達なんだろうな、と感じているところです。

緑茶に砂糖はさすがにアレですが、そんなタイ人だからこそ作り出すことができたタイ茶の文化をボクは尊敬しているんですよね。
ボクは健康マニアなので、実は普段から甘い飲み物は避けています。
絶対に身体によくないですからね。糖尿病も怖いし。

でも時々「どうしても甘い飲み物を飲みたい!」ってなることがあるじゃないですか。
そんな時に楽しむことができる素晴らしい飲み物。
タイティーはボクにとってそんな位置づけです。

なんと言ってもメイン成分はお茶ですから。
いくばくの健康効果くらいは期待できそうじゃないですか。
少なくともコーラみたいに「身体に悪いだけ」ではない、っていうか。

身体に悪い「甘い飲み物」というカテゴリーの中で最も身体に良い。
これこそがタイティーのおもしろいところです。
この不思議な立ち位置こそが、タイティーの魅力なんだと感じるんですよね。

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住7年。元ベトナム語通訳です。日本で働くベトナム人に質の高い教育を施してあげたい。日本に良い人材を送りこみたいという気持ちで教育事業を行なっている日本語教育のプロです。ベトナム人材についてのご相談はボクのメールに直接どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください