ベトナムの市場で見つけた小型のコイの料理法

ボクは毎日スーパー魚を買いに行ってるんですけど。
昨日いつものスーパーへ行ってみたら見慣れない魚が売られていたんですよね。

その魚はアジほどの大きさもないし、かといって煮干しみたいな小魚でもないっていう。
なんか中途半端なサイズの魚なわけですけど、見た目が可愛いのに惹かれてなんとなく買っちゃったんですね

なんとなく川魚っぽい見た目ですよね。
さて、この魚あなただったらどう調理しますか?

ボクはとりあえず
・軽く塩をまぶして焼いてみる
・素揚げにしてみる

っていう2種類の調理法を試してみました。

結果は惨敗。
なんかこの魚は、内臓がかなり臭いんですよね。
それから苦味もけっこう。

オーブンでじっくりと焼いてみたんですけど、なかなか臭みが取れなかったです。

素揚げにした方は、写真をお見せできないくらいの無残な姿に、、、
内臓が破裂して油と混ざり合うという、大惨事になってしまいました。

やっぱりはじめての魚って勝手が難しいですよね。
適当に作って美味しくはならないものだなぁ、と反省したので
ちょっとベトナム語で料理方法を調べてみることにしました。

この魚の名前は
Cá Linh
(カーリン)

っていうらしくて。
小型のコイの1種みたいです。

日本語のウィキペディアには記載がないんですけど、ベトナム語のGoogleで調べると、原産地というか、最初に発見されたのはカンボジアらしいです。

ベトナムでも温暖なメコンデルタの地方に生息している川魚なんだとか。

なるほど。
コイツはコイだったんですね。

言われてみれば、なんかコイっぽい。
それにコイって臭み抜きが大変、なんてことを聞いたこともあるから、それで臭かったのかぁ、と納得。

小型のコイなんて、日本では見たことないですけどね。
東南アジアの固有種なのかも。

YouTubeでこの小型コイの調理方法を検索してみたらベトナムでお馴染みの
Cá Kho
(ベトナム風魚の煮付け)

で料理すると美味しく食べれるみたいなので、家にある土鍋を使って煮付けにしてみました。

うん。なかなかおいしい。
ベトナムのヌックマムはさすがの味の濃さで、魚の臭みにも対抗できる感じです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ベトナム】333ビール缶 330ml×24本
価格:5781円(税込、送料無料) (2020/8/9時点)

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください