日本大使館公表の「ベトナム送り出し機関リスト」は当てにならない

優秀なベトナム人人材を確保するためにベトナムに視察に訪れる予定がありますか?
ネット上には日本大使館が公表している「優良ベトナム人実習生送り出し機関の星付きリスト」なるものが公開されています。

でもこのリストをそのまま鵜呑みにしてしまったら痛い目に合うのがベトナムと言う国の怖いところ。

なぜこのデータを信用してはいけないのか?
その辺のウラ事情を書いてみようと思います。

リストの信頼を崩壊させる「名義貸し」

まず現地事情として理解してほしいことが1つあります。

それはベトナムのほとんどの送り出し機関にとってベトナム人実習生を送り出すと言う行為は「旨みの大きいビジネスチャンス」としてしか捉えられていないと言うことです。

ベトナム人の経営者にとって日本行きたいベトナム人が増えていると言う現在の状況は人材ビジネスが盛り上がっていると言うシチュエーション。
それ以上でもそれ以下でもないんですね。

さて、そんな状況の中で、ベトナム人社長にとって「実習生を取り扱う会社の設立」って言うのは実は少々ハードルが高いものです。

というのは、留学生を斡旋するような仕事は簡単に始めることができるのですが、実習生を取り扱う業務に関してはかなり厳しいライセンスを取得しなければならないルールになっているからです。

ではライセンスを取得することができないけれど、実習生を取り扱いたいと言う会社。
この会社が一体何をするのか。
それがこの大使館のリストに乗っている有名送り出し機関から「名義を購入する」っていう行為なわけです。

日本大使館公表の優良送り出し機関リスト

こちらに3つ星〜5つ星までランク分けされた形で優良送り出し機関が紹介されています。

「名義借り」をする会社はどんな会社?

名義を購入して実習生送り出し機関を始める会社がどのような会社なのか。
それはですね、外面と内面が釣り合っていない、と言えばわかりやすいでしょうか。

つまり看板には名前の知られた送り出し機関の看板がかかっていて「ホーチミン支店」なんて書かれているわけですが、実情は非常にいい加減な事業を行っている会社だったりするんです。

それはそうでしょう。
この会社は名義を借りることによって、実習生送り出し機関として活動ができるって言う身分なわけですから。
「実際に実習先を送り出す手続き」の時には名義を借りている会社にいちいちハンコをもらうためにお金を払わなければなりません。
その分経費がかさむし、経営が火の車状態になりやすい性質を持っているわけです。

そうするとどうなるか。
当然、教育の質が下がっていくことになります。
そして日本に送るベトナム人実習生のレベルも当然低いものとなるわけですね。

ワンクッション挟んだ事業と言うのは経費がかさんでしまいますから、しょうがないことなわけです。

ライセンス所有機関の直営組織を探しましょう

なのでベトナムで送り出し機関を探す際には「ちゃんとライセンスを持っている機関の直営組織であるかどうか?」ということを確認した方が良いわけです。

とは言っても、実際にはこの辺の話は相当な現地ウラ事情です。
送り出し機関の社長に質問しても、やましいことがある会社の場合、社長は必死になって隠そうとしてくるはずです。

それに看板には某有名送り出し機関の名前が書かれている。
これではお手上げですよね。

このように優良な送り出し機関というのは非常に探し当てづらいものである、というのが現地の実情なわけです。

ただ、そんな状況の中でもなんとか「優良な送り出し機関を探し当てる方法」と言うものも存在します。
残念なことに、そんなに簡単な方法ではないんですけどね。
その辺の話はこちらの記事で紹介していますので、チェックしてもらえるといんじゃないかなと思います。

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住7年。元ベトナム語通訳です。日本で働くベトナム人に質の高い教育を施してあげたい。日本に良い人材を送りこみたいという気持ちで教育事業を行なっている日本語教育のプロです。ベトナム人材についてのご相談はボクのメールに直接どうぞ。

4 thoughts on “日本大使館公表の「ベトナム送り出し機関リスト」は当てにならない

  1. 気賀沢博之

    BAOSON労働者派遣有限会社さんの評価はどうですか?ご存知でしたら教えて頂けませんでしょうか?日本に派遣をされています。こちらは何年にも渡る長期雇用を考えています。

    返信
    1. yusan 投稿作成者

      はじめまして。気賀沢さん。
      何年にも渡る長期雇用を考えていらっしゃるのですね。
      そうなってくると人材の質にはより一層の注意が必要かと思われます。

      さて、申し訳ありませんがBaoSonという送り出し機関は聞いたことがありません。
      そして送り出し機関の評価についてですが、送り出し機関の評価はとても難しく、気賀沢さんがどこに重点を置いた評価を求めているのか、によっても返答内容が変わります。
      ですので私のメールアドレスの方に具体的な相談内容(気賀沢さんが送り出し機関に求める条件)などを明記し送っていただければ返答もしやすいです。
      dball320@yahoo.co.jp

      返信
    1. yusan 投稿作成者

      返信が遅くなり、すみません。
      ブログコメントはいつもチェックしているわけではないので。
      相談があるとのことですが、私のメールアドレスに直接相談内容を書いて送ってください。
      dball320@yahoo.co.jp

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください