食肉は免許がないと買えないようにしたらどうか?

牛を屠殺できる人間には牛を食べる権利をあげるべきだし、動物を自分で殺せない人に肉を食べる資格はない

経済が発展すればするほどモノの流れやそれを組み立てるロジックを掴むことは難しくなってくる。
これは複雑化した科学技術を一般人が理解できなくなっている現象のことを言っている。
科学技術が扇風機や自転車程度のレベルだった時代ならまだしも、現在の複雑化した商品、例えばスマホやインターネット、もう少し前時代的な技術であっても車やエアコンなどの仕組みや構造を一般消費者が完全に理解することは難しい。
あまりに複雑化しすぎた現在の科学文明は一個人が全てを理解することが不可能なレベルに達してしまったわけだ。
しかしながらそんな現代にあっても「モノの流れを追うことを忘れてはいけない」ものというのが必ず存在する。
それは食肉の流通方法についてである。
我々は動物を殺し、絞めることによって日々の糧を得ている。
これは間違いのない事実なのだが、この事実は人間の善心に訴えかけるテーマであり、いかに科学技術が発展して、世の中が自分の知り得ないくらい複雑なルールによって回るようになってしまった現在であっても常に人々の関心を引き寄せ続けている。
どんなに厚顔無恥な人間であっても「動物を殺す覚悟もないのに毎日肉を食べていることは人としてどうか?」という問いに対しては完全な無視を貫くことは難しいものである。
今回の記事はこの問いを起点として発生するモヤモヤ感、つまり人としてまたは現代人として私たちが「動物を殺す」というテーマにどういう風に向き合うべきなのか、についてのボクによる考察だ。

命あるものを殺めることに対する抵抗感やその行為を自らが行わなければならないとする義務感は人間の善心の現れである。
その表現方法の良し悪しを問わないならば欧米の極端な動物愛護団体やベジタリアンブームなどはその典型であろう。
今回の記事のテーマをシンプルに表すならば「自分の手を汚す覚悟がないのに毎日お肉を食べるっておかしいんじゃない?」という問いかけに対するモヤモヤ感を解決する方法についてなのだが、こう言ったテーマは実際には精神論が起点となっており、本来は論理的に解決することが難しいという本質がある。
その前提を理解した上でボクが提案したいのは食肉の免許制である。

具体的には鳥を殺した人間には鳥肉の購入権限を与え、牛を殺した人間には牛肉の購入権限を与える。
この当たり前のことを免許制にして実現することを推したいわけだ。
例えばなのだが果物や野菜を取って食べることに抵抗がある人はかなり少ないだろう。
だからほとんどの人には野菜や果物を食べる権利があると言える。
しかし魚といえばどうだろうか?
自分で絞める覚悟がない人も出てくるかもしれない。
鳥、豚、牛はどうだろうか?
牛は巨大な動物であり、これを殺す覚悟は相当のものである。
大抵の人は強い拒否感を示すと思われるが、それこそが現代人がもつ食肉文化へのモヤモヤ感の本質である。
経済の発展に伴い人として当たり前の認識が歪んでいる現代人は是非一度「自分の力で牛を殺す」ということをしてみるべきである。
現代を生きる人間は経済原理に押されることによって生物として当たり前の理屈を理解できなくなってしまっている。
このアンバランスさが火種となって現代人が抱えている問題の多が生み出される結果となってしまっているのではないだろうか?
逆に考えてみよう。
自己責任を全うすればモヤモヤなど吹っ飛ぶ。
経済優位によって自己責任を果たせない社会構造になってしまったところに現代社会に広がる様々な問題の根源があると言えるわけで、この本質的な問題から逃げている限りにおいて人間の未来は狭まる。

現在の人間は食物連鎖の頂点に立つことが長くなりすぎて、感覚がマヒしている。
牛を食べるということは牛を殺すことと同義であるはずなのに、殺す覚悟のない多くの人達がただ美味い、美味いと飽食の限りを尽くしている。
殺す勇気と食べる権利には関連性がある。
それを理解した上で「牛の解体をしてまで自分は牛肉を食べたい人間なのか」という問いかけを人生の中で一度くらいはしてみるべきだと思う。

さて最後にいらぬ誤解を生まないために言っておきたいことがある。
それは、この提案は動物を殺すことができない人間が「自分が清らかな人間なのだ」という自尊心を育むためのものではないし、また肉食をする人間に対する軽蔑の気持ちを強めるためのものでもないということだ。
ボクの提言の本質は肉食に対する責任を果たさない現代人の持つモヤモヤ感を解決するための方法論であり、またそのモヤモヤ感を解決することが現代人の持つ様々な問題を解決することにリンクしているという考えから来ている。
そのことを強く留意して欲しいのである。

🔥✏️ベトナム語教えます

このブログを書いているボクがオンラインでベトナム語を教えます。
コロナ禍の今こそ、ベトナム語を勉強してスキルアップを目指してみませんか?

会話重視の実践的な授業をマンツーマンでご提供。
ベトナム語の最難関ポイントである発音から丁寧にご指導いたします。
目標はネイティブのベトナム人とスムーズに話ができるようになるレベルまで。
初級〜中級レベルまでを対象にした会話授業です。

週一回。最低月額6000円からの超低価格。
最初の授業は無料でお教えしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。↓

中村 祐(なかむら ゆう)
dball3200@gmail.com

このブログの人気記事

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください