タトゥー入れてる外人が温泉入っちゃダメでしょう

「タトゥーで入浴断わられる経験」は外国人にとっても勉強になるでしょ。
異文化学習ができて、良いことだよ

東京オリンピックを目前に控えていることや、外国人観光客の増加などの現象を受け日本でタトゥーを入れた外国人に対する温泉施設の入浴拒否が問題となっているようだ。
私としてはバンバン入浴拒否を食らわせてやればいい、と考えているのだが、当然根拠なくそんなことを言うわけにはいかない。
そこで今回はなぜタトゥー外国人を温泉に入れない方がいいのか、というテーマについて説明していくこととする。

相互主義という言葉がある。
わかりやすく説明すると優しくしてくれる人にはこちらも優しく接するし、利益をもたらさない人にはこちらも利益を無条件であげるようなことはしない、というお互いの利害関係のすり合わせをちゃんとしましょうね、という考え方だ。
残念ながら古来より日本では外国人優遇の風潮が強いようであり、この相互主義が成り立っていない。
しかしながら優遇する人間がいる裏には割りを食う人が必ず存在する、というのが世の常で、現在の日本で不満を溜め込むべき対象は外国人ではなく日本人となっているようだ。

具体的に話そう。
例えばアメリカにドレスコードの厳しい高級店があったとする。
そこで自分の服装がそこのルールを破っているから、という理由で入店拒否をされても差別という言葉の威を借りてクレームをつけるような日本人はいないだろう。
これを相互主義的に発想するとどういうことか?
日本人は外国のルールに従うわけだから外国人も日本では日本のルールに従ってもらうという当然の関係が成り立つ。
この話は別に逆でもよくて、片側の意見が不自然に優遇されることさえなければ、日本の文化にテコ入れをしてくる外国人の権利を認める代わりに日本人のいう意見によって外国のマナーを変更する権利を日本側が持つという方向でも検討は可能だ。
と言いつつも、多くの日本人は外国のマナーを尊重する精神を持っているため外国文化に影響を与えたい欲求を持つ人も少なく、実際的には後者の関係は成り立たないと考える。
そうすると必然的に全ての外国人には日本では日本のルールにきれいに従ってもらうという方向が両者にとって平等だ。
外国で優れたマナー力を発揮する日本人には当然外国人に優れたマナーを求める権利がある。
そうでなければ何のためにマナー良く生きてるかがわからなくなってしまうからだ。

タトゥーに対するイメージが日本人と外国人で違う、という意見を言う人がいる。
しかしながらそれは間違いで、アメリカだってアジアだってタトゥーを入れた人に対してある程度の社会的制限は当然に行われている。
私が住んでいるベトナムにおいてもそうだ。
印象が悪い。

別にタトゥーを入れたくて入れている人に否定的な言葉をわざわざ投げかける必要もないとは思うが、もっと大切なことは人には行動する権利とそれに伴う責任がある、ということを理解することだ。
タトゥーを入れるのは勝手だが、それによって社会的に不都合なことが発生することくらいを想定できない人には責任感がなさすぎると言える。

タトゥーにしろ、整形手術にしろ、一度してしまうと取り返しのつかないもの、と社会に評価される傾向にある行動は、人が生きていく上で無数に存在する。
私たちは自身の行動に対する自由を謳歌しつつ、そのリスク管理にも目を向けながら生きていかなければならない。
この長期的スパンで思考していくことこそが日本的な考え方であり、日本の個性である。

いいじゃないか、と思う。
こうした過去の行動で現在を読み解くのが日本の民族的特性なのだから、それを取り繕うことなく自然に発揮すれば外国人にとっても異文化学習の格好の機会となる。
いつまでも幼稚なクレーマーを演じ続ける外国人にはぜひ日本で温泉入浴拒否を食らう、といういい経験をして帰ってもらいたいと思う。
きっとその経験は母国に帰ってからも自分の人生を考えなおすいいキッカケになるはずだ。

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください