うつ病や精神の病気に「精神科医や抗うつ剤」はむしろマイナス効果

アスペルガー症候群とか、ADHDとか。
発達障害、サイコパスだとか。
最近、精神的な病気に対する話題がよく目に付きます。
そこで登場するのが精神科医や抗うつ剤だったりするのですが、ちょっと待ってください。

「精神の病」に本当に科学的にアプローチしても良いものでしょうか?
「そうではない」ということを明らかにしていきたいと思います。

精神の病気と身体の病気の根本的な違い

ガンになったとしましょう。
ガンの問題はガン細胞が体にあることです。ガン細胞さえなくなってしまえば問題はないわけですから「がん細胞を手術で切れば良い」となります。
骨折してしまった場合はどうでしょう?
骨が折れていることが問題なのは誰にでもわかります。病院に行って、手術するなりギプスをするなりしていれば体は元気になるでしょう。

西洋的な医学はシンプルです。
原因が明確にわかっている問題を解決することが得意なのです。

「骨が折れている」「肺が炎症している」「ガン細胞がある」「ウイルスが身体に入った」
などなど。
これら病気は西洋医学の得意とするところ。原因さえつかめれば治すことが可能でしょう。

しかし精神の病気はどうでしょうか?
・なんとなくやる気がでない
・ついついカッとなってしまう
・ストレスを感じやすい体質だ

これらの症状はお医者さん自身も明確な原因がつかめていないものです。

普段はあれだけ頼もしそうなお医者さんが、こと精神の話になった途端に「ストレスを溜め込まないようにしてくださいね」というような曖昧なアドバイスをするのです。

つまるところ
病気は2種類に分かれます。

それは
身体の病気⇆心の病気
であり
シンプルな病気⇆複雑な病気
です。

精神の病には東洋医学

少しだけ話を脱線します。
「男女の違い」についての話をして見たいと思います。

ここに悩んでいる男性がいると考えてください。
その男性の悩みを解決する時に女性からのアドバイスは有効だと思いますか?
これはおそらく有効ではありません。

なぜか。それは男性が悩む理由というのはシンプルだからです。
金がない。彼女がいない。健康状態が悪い。
ほとんどの男性はこの3つの要素に問題がない場合には悩みません。

男性はいつもこれらの問題を解決できる絶対的で、シンプルな方法を探しています。
そこに複雑な思考を持つ女性が必死に彼の気持ちを汲み取ろうといろんな言葉をかけてあげても意味がないのです。慰められても金は入ってきません。
「これで絶対に大丈夫だ!」と信じられるシンプルな方法論が見つかった時に男は立ち直れるものだからです。

では反対に女性の悩みを解決するときに男性からのアドバイスは有効でしょうか?
これも当然有効ではありません。

女性が悩む理由は複雑です。
多くの場合、女性は自分の感情であったり、人間関係で悩むものだからです。
人の感情は常に変化します。
その不安定な感情に合わせて楽しくなったり、悩んだりするのが女性なのです。
そんな女性がいつもハッピーになれるシンプルな方法論などは存在しません。

女性がさみしいと感じている時、それを解決する方法は共感し、ちゃんと話を聞いてあげることです。
しかしそれをわかってくれる男性はほとんどいません。
男はいつも「バカじゃないのか?こうすれば単純に解決できるのに」と心の中で考えているものだからです。

世間にはこういった男女の違いを男性脳、女性脳などと言って説明をしている本もあるようです。
その本の内容が正しいかどうかは置いておいて。

男性はシンプルであり、女性は複雑であるという傾向があります。
そしてシンプルな問題の解決法と複雑な問題の解決法が全く異なるものであることは間違いありません。

シンプルな問題はシンプルな方法で解決すべきだし
複雑な問題は複雑な方法でしか解決できない
ということです。

これは病気についても当然当てはめることができます。
何が言いたいかというと
・シンプルな病気はシンプルな方法(西洋医学)で治すべきである
・複雑な病気は複雑な方法(東洋医学)で治すべきである
ということなのです。

病気に対するアプローチの方法はとても大切です。
間違った治療方法は治すどころか逆の効果をもたらすからです。

わかりづらい東洋医学の理論的な根拠

東洋的なアプローチは複雑でよく原因がわからない病気に対して有効です。
・なんとなくやる気がでない
・ついついカッとなってしまう
・ストレスを感じやすい体質だ
こういった科学的にはよくわからない病気を治すことができるからです。

例えばヨガで治療をするとしましょう。
ヨガの世界ではその人の精神の歪みや悪いこだわりが身体の歪みに出ていると考えます。

これはただの例に過ぎないですが、
「元気がない」という人は下半身が硬くなっているかもしれません。
また「怒りやすい」という人は上半身が硬くなっているのかもしれません。

とにかく、精神の乱れは身体の硬さに現れる。それがヨガ的な考え方です。
しかし実際にはそんなことは考える必要はないのです。身体の歪みが取れて、柔軟性が戻ってくればそれに伴って精神の歪みも治るわけですから。

目的は身体がグニャグニャになること。ただひたすらにヨガをやるだけで身体の歪みは治ります。それに連動して精神の歪みもとれていく。そして精神病は治すことができるわけです。とても簡単でしょう。

つまり東洋的な医学とは
複雑な病気をシンプルに治すことができる方法なのです。

このような概念をわかりやすく説明するために気学(気の流れを読む学問)では病気というものを
男性的な気女性的な気
という2つの言葉を使って説明します。

つまり
シンプルな病気とは男性的な気が悪くなっている状態のことであり、
複雑な病気とは女性的な気が悪くなっている状態です。

どちらかの気の流れを良くすれば病気は治るわけですが、
男性的な気を良くしたい時に東洋医学(女性的な気を増やす)を使ってはいけませんし、
女性的な気を良くしたい時に西洋医学(男性的な気を増やす)を使ってはいけません。

気には傾向があります。
男性的な気と女性的な気、この2つのどちらに問題があるのか?それを正しく読み解かなければで最適な治療方法を導き出すことはできないのです。

例えば
・原因がわかりやすい病気
・身体の病気
・治し方が明確

というような病気は西洋医学で治すべきでしょう。これらの病気の性質は男性っぽいものであり、男性的な治療方法が向くからです。

そして
・原因がわかりにくい病気
・精神の病気
・治し方に個人差がある

というような病気は東洋医学で治すべきだと言えるわけです。

このようにそれぞれの病気の性質に応じて治療法を選択することは東洋的な考え方です。
両方の医学を使い分け、最大の恩恵を受けることができればそれでいいのです。

ただし、東洋的な医学は女性的な気を持っていますから、治療方法も複雑。効果には個人差があります。
ヨガ、漢方薬、鍼灸、気功など様々な方法の中から自分に合ったものを選んでいかなければならないのです。
西洋医学のように「この病気にはこの薬!」とルールが決められているものではありません。

このように論理的でなく、わかりづらいことは東洋医学の特徴ですが、これは仕方のないことです。
精神病という女性的な気を持つ病気はわかりづらいもの。
わかりづらい病気にはわかりづらい治療法で対処することが最大の効果を生むからです。

脳にシンプルな考えで接してはいけない

では最後にこの心の病に対して「西洋医学的/科学的なアプローチ」をした際にどんな問題が発生するかを考えてみましょう。

西洋医学は男性的である、という話をしました。
なのでここではあえて男性的に、シンプルに考えてみましょう。

精神の病気というのはシンプルに考えれば体のどこに問題があるのだと思いますか?
それはもちろん脳ですね。
思考を司っている臓器は脳ですから、西洋的に、シンプルに考えれば脳に作用する薬を与えればいいことになります。

だから抗うつ薬が登場するわけです。
脳内のドーパミンを増加させる薬を飲めば、元気が出ます。
脳内のセロトニンを増加させる薬を飲めば、ストレスに強くなります。

簡単な話です。

しかしそれで本当にいいのでしょうか?
脳という聖域に踏み込んだ代償は必ず払わなければなりません。

覚せい剤を使うと気持ちがいいそうです。気持ちが良くなる脳内物質が出るからです。
ではその代償は?気持ちがいいだけで終わるわけがないでしょう。
抗うつ剤を使うとストレスを感じなくなるそうです。感情を安定させる脳内物質が出るからです。
ではその代償は?感情が平坦になり、無感動な人生が待っているでしょう。

脳内に化学物質を入れるという点で、覚せい剤と抗うつ剤は同じです。
脳は複雑です。まだまだわかっていない脳内物質もたくさんあります。

単純な思考で生きる男性が、感情という複雑な世界に生きる女性にズカズカと踏み込んではいけません。
それと同じように脳の病気に対してクスリで対抗してはいけないと思うのです。

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住7年。元ベトナム語通訳です。日本で働くベトナム人に質の高い教育を施してあげたい。日本に良い人材を送りこみたいという気持ちで教育事業を行なっている日本語教育のプロです。ベトナム人材についてのご相談はボクのメールに直接どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください