池袋の「フォーティン東京」は美味いのか?ガチで検証してみる

東京の池袋に超本格フォーの店が出店したらしい。
それもハノイの名店フォーティン(Phở Thìn)の2号店だそうだ。
ベトナムに住んでいて毎日のようにフォーを食べているボクとしては、これは捨て置けない情報である。
早速行ってレビューをしなければ!

ということで
・東京のフォーティンは本当にうまいのか?
・本当に本格的なフォーの味なのか?
ということをチェックしてきました!

うまいのか?まずいのか?はっきりしないGoogleマップのレビュー

ボクはこのブログや別のブログでフォーについては散々書きまくっているので、興味がある人や「実際にベトナムまで遊びに行くかも?」なんて人はぜひそちらの記事も参考にしてみてください。
リンクはこの記事の一番下に貼っています。

さて今回の本題、フォーティンなんですけど。

Googleマップのレストランで調べて評価を確認してみたんですね。
そしたらこれがまぁ、結構悪い評価もあったりするんですよね。
「スープが薄い」とか「ハノイで食べた味と全然違う」とか。

まぁ大体の場合はベトナム現地でフォーを食べたことがある人が
「オレ現地の味知ってるぜ!」
的な感じでディスってる感じじゃないかなぁ、とは思う。
まぁ、あるあるですね。

ちなみにベトナム人がベトナム語でしている評価については割と高評価な感じなんですけど。
とはいえベトナム人の中でもやっぱりディスっている人もいるわけで。
これは実際に食べてみないと、うまいかどうかわからないなぁ、と言うところに落ち着いたので。
このあいだ、東京に立ち寄った際に食べに行ってみたわけです。

結論!普通にうまい!

もう最初に結論から書いちゃいます。
この店のフォーは充分すぎるほどおいしいです。
・深い牛骨スープのコク
・ベトナムと変わらない卓上調味料
・モチモチのフォーの麺
どれをとってもベトナム現地と比べて遜色ない味を味わえました。

日本でもいろいろなベトナム料理屋でフォーを食べたことがあるボクなんですけど。ここの味は正直言って別格。今のところ日本で1番本格的な「ベトナム牛骨スープ」を出しているお店だと思います。

いいなぁ。東京の人は。
こんな本格的な味が身近で食べれて。
まぁちょっと高いけど(1000円位)、この味なら全然許容範囲です。

ボクが特にびっくりしたのはフォーの麺ですね。
というのも日本のほとんどのベトナム料理屋で出してくるフォーの麺っていうのは透き通った乾麺で。インスタント感が強すぎてあまり美味しくないんですね。

ラーメンだってラーメン屋さんの生麺と、家で作るインスタントラーメンの麺って全然違うじゃないですか。
まぁあんな感じです。

ベトナム現地のフォー屋さんで乾麺を使ってるなんてことはまずありえない。絶対に生麺です。

だからボクは日本でフォーを食べる時「乾麺と生麺のどちらを使っているのか?」を必ず聞くようにしています。

だってこの質問をすれば、大体おいしいか?おいしくないか?がわかるわけだから。
ということで、今回もお店の人に聞いてみたんです。
そしたら返ってきた答えは
「ごめんなさい。うちは乾麺なんですよー」

これを聞いてボクは死ぬほどびっくりしました。
というのも、この店のフォーの麺は言われなければ絶対に生麺と勘違いしてしまうほど弾力があっておいしかったからです。

お店の人に言わせると
「店の方でいろいろ試行錯誤したけど、結局生麺は難しいと言うことになって、、、」
という話でした。

いやいや普通においしいです。
どうやったら乾麺であんなにモチモチに仕上がるのか謎。
戻し方にコツがあるのか?
本当に不思議ですが生麺レベルにおいしかったです。

フォーティン東京の悪いところ

あまり良いことばかり書いていたらステマに思われそうなので、ちょっと悪い点についても書いてみようかなぁと思います。

上の方で「ベトナム現地と比べても遜色のない味」と書きましたけど、当然「ベトナム現地の名店」と比べたら劣ります。

フォーの牛骨スープはボテっとしやすいので、もう少し自己主張の強い味に仕上げたほうがいいと思うし。肉の旨味もベトナム現地の名店にはやっぱりかなわないかな。とかとか。
スープに浸すアゲパンが欲しいなぁ、とか。

まぁ、そりゃあいろいろありますよ。言いたいことは。
でも、そんなわざわざ悪口言う必要もないかなって。
だって普通においしいから。
外国で食べれるフォーの味としては最高峰レベルじゃないかな。

だから行って、食べて、素直にフォーのおいしさを味わって欲しいなと思うんですよね。
そもそもフォーの味でベトナム現地に敵うわけないんだから。

むしろこのお店でフォーの文化に興味が出た人はぜひ!もっと美味しいお店を目指してハノイやホーチミンに来て欲しいと思うんですよね。

最後にちょっとだけ。フォーの豆知識


※これはホーチミンのフォー。野菜てんこ盛り

実はベトナムには大きく分けて2種類のフォーがあります。

ベトナムには2つの大きい街があるんですけど、1つは北部のハノイ。それからもう1つは南部のホーチミンです。
この東京のフォーティンはハノイの方の味ですね。牛骨メインのドシっとした味です。

ホーチミンのフォーはどんな味かっていうと、やっぱり牛骨は欠かせないんですけど、鶏ガラが入っていたりしてややマイルドになっています。
それからホーチミンではフォーを食べる時、てんこ盛りの香草を使って食べます。

同じフォーとは言っても別の料理と呼べるくらい独自の進化をしているのがホーチミン式のフォーです。
まだ日本には、本格的なホーチミン式のフォーのお店は出ていないので、これからが楽しみですね。

この記事を読んでフォーの文化に興味が出たって人はいろんな関連記事を読んでみてください。
ではでは

フォーに関係した記事

フォーってどんな食べ物なのか?魅力をわかりやすく説明します

ホーチミン在住6年!ボク行きつけのマジで美味しいフォー屋3店

ホーチミンのフォー食べ歩きMAP

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください