日本人の「極論嫌い」が新聞報道を腐敗させている

最近、朝日新聞や毎日新聞に対する風当たりが強いですよね。
たぶん「左に寄り過ぎた新聞報道」に嫌気がさしている人が増えているんでしょう。

ただ、ボクとしては「なぜそもそも日本の新聞はこんな状況になってしまっているのか?」っていう根本的な原因の方に目が行ってしまいます。
根本原因を解決しない限りにおいては、何度でもこういった問題って繰り返されちゃうわけですからね。

 

 

 

 

日本人のバランス論が新聞腐敗の元凶

最近「新聞に書いてあることなんて信じない」なんて人が増えているように感じます。
慰安婦問題の原因を作った朝日新聞なんかが引き金になって現在の状況ができてしまった気がするんですけど。

まぁ新聞社が作っているプロパガンダとかミスリードが世の中には溢れていますからね。
そういったものに嫌気がさしてしまった人たちが新聞を信用しなくなっているんでしょう。

 

ただこんな状況を作り上げたそもそもの原因は日本国民のどっちつかずな考え方にあるような気がするんですよね。

日本人は極論を嫌う傾向がありますよね。
あまりに偏った意見は警戒するといった人が多いです。
だから新聞だって「私は右側の意見も検証しました。そして左側の意見も検証しました」みたいな。
そんなバランスのとれた記事が人気になるんだと思います。

でも実際には独自の意見を持たない新聞なんて存在しないわけですから、結局は左か右のどちらかに偏った意見を発信していくことになってしまう。
これが新聞業界の問題点でしょう。

 

さて、日本で現在問題になっているのは左寄りの新聞なんでしょうけど。
実際にはこんな状況を作り上げてきた元凶は日本人のバランス論にある、と断言しても良いと思います。

朝日新聞や毎日新聞なんかはいわゆる左寄りの新聞であるって言うふうに評価されていますよね。
ボクはこれらの新聞が「左に寄っているから悪い」とは全く思っていなくて。
これは右の意見と左の意見を両方取り入れているように見せかけておいて、実際には左に寄った情報発信していたって言うところに問題の本質があると考えます。

そしてその本当の元凶は日本人のどっちつかずの考え方にあることは間違いないでしょう。
もしも極論を好む国民性が日本にあるなら、こんなどっちつかずの新聞社が人気になるわけはないわけですから。

 

 

 

 

新聞報道がバランス論を語るのは絶対にNG

ボクは「新聞社は極論しか言ってはいけないもの」だと思っています。

だってバランスをとっているように見せかけておいて読者をミスリードするなんてことは簡単にできるわけですから。
そんな形だけのバランス論を新聞社に求めるべきではないと考えるからです。

 

新聞社にバランスの取れた意見を求める事は自分で考えることを放棄していることと同じです。

別に支援している新聞社があって、そこと一蓮托生で人生を歩むつもりの人だったらそれでもいいんでしょうけど。
基本的にはミスリードされて踊らされることを喜ぶほどに日本人はバカではないとボクは思うんですね。

 

世界中どこに行っても大体新聞記事ってのは偏った意見を書いています。
新聞っていうのはある立場にいる人の意見を代弁するものだからです。

わかりやすい構造で言うと支配者階級の人が読む新聞と労働者階級の人が読む新聞といった感じでしょう。
支配者階級の人が読む新聞は当然労働者を管理する目線で書いているでしょうし、労働者階級の人が読む新聞は「賃金が低いじゃないか!」といった支配者階級の人に対する牽制をするような記事を作るものです。

 

つまり新聞報道においてはバランス論は完全にNGっていうことがボクは言いたいわけです。

特に民主主義の国っていうのはいろんな立場の人がいていろんな意見が出てくるわけですから、それを噛み砕いて自分でバランスを構築していく。
それが民主主義の醍醐味だと思うんですね。

 

 

 

 

両極端な意見を見比べて自分の意見を導き出そう

新聞のバランス論について語ってきたんですけど。
こんな意見を持っているボクは何か気になる事件があったときには朝日新聞と産経新聞しか基本的に読みません。

 

まぁこのセレクトが最も正しいかどうかはわからないんですけど。

一般的に右に寄っているとされている産経新聞、それから最近左寄りで注目されている朝日新聞。
この2つを読めば右と左の両方の意見をバランスよく吸収できると考えているからです。

この2つの新聞社は非常に両極端にいろんな事件を解釈しているので読んでいて見比べがいがあります。
同じニュースを報じる時でも全く逆のスタンスで書いているからです。
完全に自分の都合の良いほうに解釈して記事を書いているわけですね。

すごい左寄りの記事と右寄りの記事に挟まれるとちょっと混乱したりもするわけですけど、それ以上に自分で考える力が身に付くっていうことが大切だと思います。

 

まぁボクがこの2つの新聞を見比べて感じる事は「自分の意見はやっぱりこの2つの新聞のどちらにも属していないなぁ」って言うことです。

それを発見することが自分の意見を作るって言うことにつながるとおもうし、民主主義の醍醐味であるいろんな人の意見を聞くことができるって言う楽しみにつながっていると思うんですね。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住7年。元ベトナム語通訳です。日本で働くベトナム人に質の高い教育を施してあげたい。日本に良い人材を送りこみたいという気持ちで教育事業を行なっている日本語教育のプロです。ベトナム人材についてのご相談はボクのメールに直接どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください