「出汁と油」さえうまく使い分ければ料理は美味しく作れると思う

ボクは、ほぼ毎日自炊をしています。
家で自分で作る場合、食べたいものを安く作れるので、大体毎日の晩ごはんは和食。

ただ住んでいるのがベトナムっていうのもあって、ベトナム料理もよく作っている気がしますね。

まぁベトナムのスーパーでは、当然ベトナム食材が1番安いわけで。
安く上げてしまおうと思えば、当然割引セールをしているベトナム食材を使って晩御飯を都合する、ってなことになるわけです。

アジアのご飯っていうのは、中国でも韓国でも、ベトナムでも、ご飯とマッチするのがいいんですよね。

ご飯を食べるための料理なわけだから、献立の中に取り入れやすい。
日本に帰っても自分の自炊レパートリーに入れられるなぁ、なんて想像するとなんか得した気持ちになれるわけです。

まぁ、そんな多国籍な我が家の晩御飯なんですけど、いろんなアジアの料理を毎日作っているうちに気づいたことが1つあります。

それは、いろんな料理を作るときに、
「ちゃんと適切な出汁と油を使い分ける」
それだけで料理の味はグッ!と本格的になるし、毎日食べても飽きのこない深みが出る、ってことです。

まぁ、出汁といってもボクの場合はなんちゃってレベル。
日本のだしの素とかベトナムのスーパーで売っている顆粒だしを使い分けている、ってなくらいなものなんですけどね。

例えば日本料理だったら味噌汁にカツオの出汁の素が使えるでしょう。
それに湯豆腐を作る時は昆布茶 なんかもいいんですよね。

じゃあベトナム料理だったらどんな出汁を使うか?
知っていますか?

ベトナムの場合は基本はエビの出汁です。
まぁベトナム料理と言えば、エビ三昧の食文化ですからね。

それに精進料理系のベジスープの場合はハスの実の出汁+醤油で仕上げるのが鉄板です。

中華料理だったら味覇(ウェイパー)、が1つあったら何にでも対応できますよね。

韓国料理は、キムチチゲとか作るときにはダシダの牛エキス出汁+ニンニクのコンビがやっぱりマッチする気がします。

洋風スープにはコンソメですね。

そして各料理に合った油をセレクトすれば、料理の味がもっともっと本格的になります。

中華料理の場合はラー油、韓国料理はごま油、それに洋食の場合はやっぱり合うのはバターですよね。

ちなみにベトナムではココナッツオイルが格安で、しかもどこでも売ってたりするわけですけど。
ココナッツオイルは、ボクのレパートリーの中では、なにげに出番があんまりないので家ではストックしていません。

今、世界中で人気らしいし、体にも良いって言う噂なのでもったいない気がするんですけどね。

ベトナム風ココナッツミルクカレーの時ぐらいしか使えないですからねー。
残念です。

ベトナム人が普段料理の時に使う油ってのはいわゆるサラダ油ですから、ボクもそれにならって普通のサラダ油を使っています。

ベトナム料理の油の使い方の特徴といえば、最初に鍋に油を入れてからそこに砂糖を投入するんですよね。

これで油カラメルを作るって言う。
なかなか他の国では目にしない手法が使われていたりします。

ベトナム風魚の煮付けなんかは、最初にこの手順を踏むと格段に風味が増すんですよ。
面白いですよね。

ベトナム料理の簡単調理法についてもいずれこのブログで紹介しようかなぁ。
ではまたー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユウキ フォースープ(顆粒)(100g)
価格:410円(税込、送料別) (2020/8/9時点)

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください