ダージリンに行ったら?「高級紅茶の飲み比べ!」でしょ

カルカッタ周辺で魅力的な観光地といえばどこでしょう?

仏教の聖地ブッダガヤ?
それとも本場のベンガルを求めてダッカへ抜ける?
いやいやもっとマニアックにブータンに密入国でしょうか。

ボクがオススメしたいのはダントツでダージリン!
誰もが知っている紅茶の産地でヒマラヤ山脈を眺めながら、高級紅茶の飲み比べをしてみましょう。

ダージリンの喫茶店!紅茶は40円〜600円!

ダージリンといえば紅茶。誰でもそのくらいは知っていますよね。
そんな紅茶の聖地ダージリンですが、喫茶店に入ったら、それはもういろんなクオリティーの茶葉を試すことができます。

安いものでは1杯で40円。そして高級なものではなんと600円なんて茶葉も楽しむことができるんです。
バックパッカー的には「インドで600円の紅茶なんて、、、」と考えてしまうところですが、ここは奮発して飲んでしまうことをオススメします。

確かに600円の紅茶はインドではメチャメチャ高いわけです。
が、そうはいったってボクたちは日本人。日本のスタバでコーヒー飲んだら600円ぐらいはしてしまうわけですから。ここは人生の経験値を上げるためにも、ぜひぜひ飲んでほしいところです。

本場インドのダージリンで最高級茶葉を楽しむなんて経験、この街以外では絶対にできないわけですからね。
現地で人気の喫茶店はヨーロッパ風でとてもおしゃれです。そしてなんといっても安い。

雰囲気良し!絶景のカフェテラス!フードメニューは格安!
と3拍子揃っていますからねー。

ダージリンにいる間は、インドにいることは忘れて。
カレー食べることも忘れて(大体この街のカレーはあんまりおいしくない気がする、、、)。
紅茶と共にスコーンやキッシュを楽しむのが最高です。

気候的にも高地にあって(ヒマラヤ山脈が見える位ですから)とっても涼しいダージリン。
カフェに入り浸っていると、さながらヨーロッパにいるような気分に浸れます。

オススメの喫茶店その1

Glenary’s— Bakery, Resturant & Pub
Nehru Road Near Clock Tower, Chauk Bazaar, Darjeeling

この喫茶店は豊富なフードメニューとテラス席の絶景がポイントです。門構えを見るとちょっと高そうで入るのを尻込みしてしまいそうですが、全然入って大丈夫です!実際には格安です。ベーコンキッシュが100円ってやばくないですか?
ただ、紅茶メニューはダージリンとアッサム位であんまり豊富ではないです。

※ちなみに知らない人のために補足しておくと、アッサムは味がしっかりついていて、チャイとかにもよく使われる一般的には安っぽいとされる紅茶です。
ダージリンは香りの高さが特徴。高級品はコクがあるのに渋くなく、とっても上品な味です。

オススメの喫茶店その2

Nathmulls Sunset Lounge Tea Bar & Bakery
110/92, C R Das Road, Chowrasta, Mall Rd, Chauk Bazaar, Darjeeling

ここはガチに紅茶を飲み比べできるお店です。フードメニューはあまり充実してないですが、選べる紅茶の種類はなんと12種類!
40円〜600円もの値段差があり、一番安いお茶と一番高いお茶では15倍も値段が違います。

世界遺産「ダージリンヒマラヤ鉄道」は短区間だけ乗るのがオススメ

ダージリンには世界遺産もあります。
紅茶の産地としてイギリス人が開拓した歴史があるダージリンには、昔から紅茶を運ぶために鉄道が敷かれていました。
いわゆる山岳鉄道ですね。この鉄道自体が世界遺産となっている、ってわけです。

「世界遺産の鉄道なんて、ぜひ乗ってみたい!」と思う人も多いかもしれませんが、値段がネックになるかもしれないです。

というのもこの鉄道、①観光客用のトイトレインと、②地元民が使う用の鉄道、の2種類が運行されていて。
観光用のトイトレインはメチャメチャ高いんです。

しかも、この鉄道は全工程を走破しようとすると「ダージリン→ふもとの街まで」という超長距離列車。10時間もかかってしまいます、、、

なのでコスト的にもチープにあげたいバックパッカーは
1.地元民の鉄道
2.一駅だけの移動

というなんちゃって乗車をするのがオススメなわけです。
というか、みんなそうやってるわけですね。

だって、さすがに10時間も電車に揺られたら飽きちゃうでしょ?
なんちゃって乗車の場合は
「GHUM駅まで、二等で、ローカルの鉄道」
という条件でチケットを買うことを覚えておくこと。
GHUM駅はダージリンの次の駅です。
GHUM駅からは歩いてダージリンまで戻ってもいいし、乗り合いバスを使ってもいい。
線路沿いを歩けば簡単に街まで戻れますよー。

ダージリンに行けばヒマラヤ山脈が見える!、、、かもしれない

ダージリンを走っている鉄道の名前がヒマラヤ鉄道なわけだから、大体想像がつくと思うんですけど。この街はかなりヒマラヤ山脈に近いところにあります。

ということは!
「ヒマラヤ山脈の絶景を見ながら、カフェでお茶ができるの?」
っていう期待が持てそうですが、まさにその通り!

ダージリンにはいくつかのパノラマスポットがあるんですけど、天気の良い日にはこのパノラマビューを満喫することができます!
ただし、季節と時間帯が結構大切なようで、運が悪いととモヤがかかって目の前は真っ白。何も見ることができません。

だからどんな季節であっても、ダージリンではちゃんと早起きして、早朝に山の様子をチェックしましょう。
朝はモヤが晴れていて、ヒマラヤ山脈を見れる可能性がかなりアップするみたいですよ。

ボクが行った時は、8月だったんだけど、3日滞在して最終日の早朝にヒマラヤを見ることができました。
周りの山と比べても、氷山の部分が非常にくっきりとしているのでヒマラヤ山脈はまさに別格。
「これがみたかったんだ!」
って声を上げちゃったくらい。ほんと感動してしまいました。

高いところから見るパノラマビューって本当に最高ですよね。
だって写真では絶対に伝わらないもん。
カンボジアのプレアビヒアとかもそうですよね。

風景の写真ってどうしても感動が伝わらない。その場に行かないと味わえない感動。
それを味わうことこそが、旅の醍醐味ですからねー

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください