「老人から選挙権を剥奪」しなければ日本は沈没する

未成年に選挙権がないのに老人にあるのはおかしいんじゃない?

日本は少子高齢化によって冬の時代を迎えている。
しかし一体なぜ少子高齢化が進むと冬の時代になってしまうのか?具体的な要因をつかむことこそが肝要である。
ボクはその原因は2つあると分析しているがそのいずれも民主主義の欠点によって生み出されるものだと強く感じている。
順を追って説明する。

一つ目の問題は「老人が増えると変化に対する拒否反応を社会全体が感じてしまう」という問題だ。
社会を覆う空気感というのは人間一人ひとりの意識に起因することは感覚的に誰もが認めている事実と思うが、現在の日本には老人が多すぎる。
革命気質の老人は存在し無いところから察するに老人の基本気質は保守である。
今まで自分が生きてきた時代や文化を守りたい。
そんな思いが老人の中には必ず内包されており、インターネットをはじめとする新しい文化に対応する能力が圧倒的に低下しているところに現在の日本の弱さがある。
「変わりたく無い」と願っている人が大多数を占める日本の現状から新しい発想やビジネスが生まれないことは至極当然であり自然の摂理と言えるだろう。

2つ目の問題は「老人が増えると死に金が増える」という問題だ。
経済には生き金と死に金が存在する。
金を稼いで設備投資をしたり、雇用を増やしたりすることは生き金である。
その金には持続性のある、将来への投資メリットというものが存在しているからである。
さて、では死に金とは何か、というと高齢者問題をターゲットに考えると老人への医療福祉がそれに当たる。
これらは何も生み出さないし、老人が長生きしたって経済に将来的な貢献などするわけがないからである。
瞬発的に高齢化の進んだ今の時代にだけ必要とされる無意味なお金の典型が老人への医療福祉なのである。
では老人への医療福祉費を死に金だとしてその対極にある生き金とは何か?
それは若年層に対する教育投資である。

この2つは残念ながら同時に選択することはできない。
老人を優遇するということは若者に我慢をしてもらう、ということであり、その逆も然りである。
どちらかが困ることは決定づけられている運命なわけだが、現状は若者を犠牲にして成り立つ日本を感じる日本人が多いことは周知の事実だ。

2つの問題を説明してきたが、この2つの問題の根本的な原因には「民主主義の失敗」にあるとボクは考える。
民主主義は多数決であり、そこに諸悪の根源が存在する。
母数の多い集団に少数派の意見がかき消されるというところに民主主義の問題点が凝縮されているわけだが、そのことに気づくきっかけとなったのがまさに近年の少子高齢化問題である、というふうに理解することもできるわけだ。
大多数の老人が選挙権のマジョリティとなり「若者を奴隷のような待遇にしてしまえ」という意見を通してしまっている現在の日本。
この圧倒的不平等感は大きな問題だ。
気づいたのなら変えなければならない、と考えることは普通だろう。
そこで冒頭の文章に戻るわけだが、未成年に選挙権がない以上高齢者にも選挙権の制限を与えなければならない、というのがボクの主張だ。
ご存知の通り未成年には選挙権がない。
未成年は精神的に未成熟であり、判断力が低いというのがその主たる理由であることに間違いはないが、ではひるがえって高齢者はどうだろう?
本当に日本の将来を見据えた判断を下せるような能力があるだろうか?
いや、ない。
若者は革新的過ぎるが故に正しい判断力に欠け、老人は保守的過ぎるが故に正しい判断力に欠ける、というのが世の中の摂理というものだからだ。

ボクはなにも老人を嫌ってこんな記事を書いているわけではない。
国には歴史があり、それを過去に担った現在の老人のおかげで存在できる自分を認識することは人として最も大切な感性であろう。
しかしながら現状をきちんと認識することは大切なのだ。
その上で必要な対策を練ることこそが肝要であって、民主主義を傘にきた大多数の老人の意見ばかりが優先される仕組みは必ず若者の反発を生み、社会の分断を生み出す。
必要なのはバランスであり、若者優先過ぎてもいけないし、老人優先でも当然問題なのだ。
そのバランスを持って判断を行う能力は現在の選挙システムからは生まれ出ることはない。
そこが一番の問題であることを認識しなければならない、ということを言いたいがためにこの記事を書いたのだ。
最後により具体的な提案をする。

選挙権は30〜60才までの人間に限定すべきである。
数字に具体的な根拠はないが、この辺りの年代は革新に過ぎず、保守に過ぎず、最もバランスに優れた年代であり、老人にも若者にも平等な社会を作るエネルギーを持っているひとたちではないだろうか。

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください