[インフラ]ベトナムの路肩はなぜ「平ら」なのか?

上の写真を見たらわかるようにベトナムの歩道と車道の部分。
つまり路肩ですね。
路肩の部分は平らになっているので歩道にバイクが自由に出入りできるようになっています。

まぁベトナムっていうのはバイク大国ですからね。
成人したら男女問わずに1人1台ぐらいはバイクを所有しているみたいので、国に溢れるバイクの数はやばいことになっているみたいです。

そんなバイク文化が完全に出来上がっているベトナムですから、市内交通の要はもちろんバイク。
街のインフラ自体がバイク文化に合わせて設計されているみたいです。

最近では車に乗る人も増え始めているみたいではあるんですけど、やっぱりまだまだバイクの方が主流ですからね。

車に乗る人にとってはベトナムのインフラはかなりの不便さ。
あまりにも不便なので、ボクなんかは
もし車をもらったとしても街で使う事はないだろうなぁ
なんて考えてしまうくらいです。

だって例えば街へフォーを食べに行くとするじゃないですか。
ベトナムでフォー屋さんっていうのは、日本のラーメン屋さんみたいなローカルな雰囲気があるわけですけどね。

そんなドローカルな場所には車の駐車場なんて準備されていなかったりするわけですよ。

だから普通のベトナム人でフォー食べに行く時に車を使うなんてことはまずないと思います。
バイクで行って、路上駐車して、サッと食べて帰る。

そんなフットワークが軽い文化なので、車で食事になんか行ったらレストラン側から絶対うっとおしがられると思うんですよね。

ベトナムで車を使ったほうが便利な時っていつですかね?
ちょっと離れた街まで旅行に行く時とか?

確かに友達が車を持っていてくれると、旅行のときには大活躍なんですけどね。
気楽だし、好きな音楽をかけてワイワイやれるのが楽しいですしね。

ただ、自分で車を買いたい、という気持ちにはイマイチなれない国なんですよね。

まぁ、実際ベトナムでバイク生活に慣れてくると、本当にバイク文化って便利だなぁってことに気づくんですよね。

日本でお母さんがよく使ってるママチャリがあるじゃないですか。
あれがバイクに置き換わって、しかもそれが市内交通のメインになったようなイメージです。

メチャクチャ便利ですよ。
もう近所のコンビニに行く時とか、100メートル位の距離であっても歩かなくなりますからね。

しかも路肩が平らだから、渋滞しているときは歩道に乗り上げて走ってもいいわけだし。
路上駐車オッケーな文化だから駐車場所なんか気にしなくていいわけだし。
とにかく生活のフットワークが軽くなるわけですよ。

しかも日常生活だけの話ではなくて、このバイクを使って田舎に帰省したり、引越ししたりもできるっていう。

人ってやろうと思えばバイク1台でここまでできるんだ。
そんなことがよくわかります。

バイク文化をもとに作られたベトナムのインフラシステム。
なかなか便利で、ボクは大好きです

🔥✏️ベトナム語教えます

このブログを書いているボクがオンラインでベトナム語を教えます。
コロナ禍の今こそ、ベトナム語を勉強してスキルアップを目指してみませんか?

会話重視の実践的な授業をマンツーマンでご提供。
ベトナム語の最難関ポイントである発音から丁寧にご指導いたします。
目標はネイティブのベトナム人とスムーズに話ができるようになるレベルまで。
初級〜中級レベルまでを対象にした会話授業です。

週一回。最低月額6000円からの超低価格。
最初の授業は無料でお教えしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。↓

中村 祐(なかむら ゆう)
dball3200@gmail.com

このブログの人気記事

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください