ベトナム生活で困るのは「おいしいコーヒーが飲めない」こと

ベトナムに住んでると日本のコーヒーが無性に飲みたくなる。
ある程度長期でこの国に滞在している人の中には、結構こんな人は多いと思う。

「えっ。でもベトナムってコーヒーが有名な国なんでしょう?」

まぁベトナムをちょっと知っている人からはこんなことを言われそうな気がする。

でもこれがボクに言わせると

「いやー、それがビミョーに違うんだよね」
っていうことになってしまう。

というのも、ベトナムのコーヒーはロブスタ種っていう種類のもので、日本で飲まれているコーヒーとは全然種類が違うものなんですよね。

もちろん、ベトナムのコーヒーってのはすばらしい独自のコーヒー文化。
そしてメチャクチャおいしい。

ボクだって日本に一時帰国している時なんかは、むしろベトナムコーヒーが飲みたくてしょうがなくなるくらいのもので。
それくらいベトナムコーヒーはベトナムコーヒーでいいものなんだけど。

やっぱり日本人としては薄味の飲み慣れたアメリカンが飲みたくなっちゃうものなんですよ。
ロブスタって苦味が強くて、フルーティーな酸味には欠けるしね。

あ。あとベトナムのコーヒーってすっごく濃度が濃いから、普通の日本のコーヒー4杯分ぐらいのカフェインが入ってるんですよ。

ベトナムコーヒー2杯飲んだら、その日の晩は確実に不眠症ですからね。
カフェインに弱い人にとっては大敵です。

まぁそんな話は置いておいて。
そんな日本のコーヒーが恋しくなったときに、ホーチミンでボクが行くお店っていうのは大体3つ。

1つ目はスターバックスですね。

スタバのドリップコーヒーはまぁ安定のクオリティ。
普通においしい。

でも高いんですよね。
それに海外のスタバってWi-Fiを1時間位しか使わせてくれないから、微妙に居心地悪いところもあったりするんですよね。

まぁなので人に会うとか、何か特別なことがないと普段はいかない。

じゃあ普段はどこに行くのかって言うと。
マクドナルドかコンビニですね。

マックは今世界中でマックカフェとかって言う、コーヒーを出す専用のカウンターを店内に設けているでしょう。

これってなかなか使えるもので、世界中どこで飲んでも割と普通クオリティーのアメリカンが飲める、っていうのは案外嬉しいもの。

海外でコーヒー飲みたくなったらマックに行け、っていうのは「海外旅行者あるある」のマメ知識だったりするわけですけど。

そんなマックのコーヒークオリティーはベトナムでも健在。
結構オススメだったりします。

後はコンビニですね。
最近ベトナムのセブンイレブンやファミリーマートでもドリップコーヒーを販売し始めました。

日本でも豆の粉砕から抽出まで自動でやってくれる、あの全自動機械のやつ、あるでしょ。
あれです。

コンビニのコーヒーはマックよ
りさらに安いって言うのがいいんだよね。
マックでアメリカンは一杯で150円。
コンビニだと75円ですから。
コンビニのコスパは最強なわけです。

ただ、何か味がちょっと強めなんだよね。
アロマが強いというか、なんというか。
濃い?

コーヒーメーカーにセットされてる豆覗いてみると、豆自体はアラビカ種だから、ベトナムコーヒーでないことだけは間違いないんですけどね。
何かが違うんですよ。日本のコーヒーと比べると、微妙に。

まぁボクはマクドナルドのコーヒーが1番好きかな。

値下がりしてくれないかなぁ。
安くなってくれたら毎日でも行くのに

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください