[観光]ゴーコンにつきました。一体どんな街なのか?

ホーチミンから南に向かって、バイクを運転すること2時間。

ついに、ゴーコンにやってきましたー


「いや、そんな街知らないよ。どこにあるの?」
そんな声が聞こえてきそうです。

それもそのはず。
ホーチミン在住8年のボクですら、初めての来訪となるのが、このゴーコン(Gò Công)っていう街。

一般にはまず知られていない街だし、特に観光名所があるってわけでもないですから。
こんな街にわざわざ来る外国人は、まずいないと思います。

では、なんでそんなマニアックな街に今回ボクが来たのかと言うと。

それはズバリ!吉報位旅行のためです。

ボクは方位学という占いを信じていて、月に1回ぐらいヒマができたらラッキーな方角に向かって、2〜3泊の旅行に出かけたりするわけですが。

今回自分の運勢を占ってみたら、なんと行ける方角が「南のみ」だったのです。

ホーチミンはそもそもベトナムの南側にある街ですから、ここからさらに南方面っていうとあんまり面白そうな場所がない、、、
でも吉報位旅行は行きたいしなぁ。

というわけで、苦肉の策としていろいろな南方にある街をリサーチしてみたんですけど、結局このゴーコンに落ち着いた、と。
そんなわけなんです。

あ、なのであえてこの街に来るメリットを考えてみると、ホーチミンから南に方位取りをしたい人にはオススメできる街です。

ホーチミンから見て南方位にはコンソン島(Đảo Côn Sơn) っていう最高のビーチがあるんですが、アクセスが悪いですからね。

手軽に南方位に向かいたい時はゴーコンで決まりでしょう。

ゴーコンは観光地ではないので、当然ガイドブックにも載っていないし、ボクにとっても完全に未知の場所です。

でもそんな誰にも知られていない街を攻略し、楽しみ尽くす。
それこそが本当の旅であって、フロンティアスピリッツですよね。

情報がない、っていう事は逆に考えると想像心をくすぐるもので。
自分で街を攻略していく楽しさがある、ということで心が踊っちゃいます。
誰もが知っている観光地をトレースするよりも、自分しか知らない情報をディスカバリーしていく方が、旅としては絶対に面白いと思うんですよね。

というわけで、ベトナム語のGoogleを検索したり、街の様子を観察したりしながらこの街の魅力を探し出していきたいと思います。

The following two tabs change content below.

yusan

ホーチミン在住8年。元ベトナム語通訳です。 もともとはベトナム人材関係の仕事をしていたんだけど、現在はコロナのせいで失業中。 良い仕事があったら紹介してください😷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください